インコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
インコ
ルリコンゴウインコ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目インコ目) Psittaciformes
: インコ科 Psittacidae Illiger, 1811
和名
インコ(鸚哥)
英名
True parrots
亜科

インコ(鸚哥、true parrots)はインコ科(鸚哥科、Psittacidae)に属する約330種類のの総称で、オウム目(Psittaciformes)を構成するふたつの科のうちの一つである。もうひとつの科であるオウム科(Cacatuidae)の鳥も英語ではparrotsとよばれるが、インコ true parrots には分類されない。インコはオウムよりも広く分布しており、アメリカアフリカアジアオーストラリアポリネシアに至る太平洋東方まで生息している種がある。

インコ科は、インコ亜科 (一般のインコとその仲間) とヒインコ亜科のふたつの亜科から構成される。しかしこれとは異なる分類法もあり、これらふたつのグループがインコ科(Psittacidae)とヒインコ科(Loriidae)と呼ばれ、正規の科として記述される場合もある。

ほとんどのオウム目の鳥がそうであるようにインコ科の鳥も基本的に種子食である。個々の種によって多少バリエーションがあり、果実、ナッツ、葉そして昆虫や、時には他の動物を捕食するものも種類によっては存在する。ヒインコは主に花のを食べているが、他のインコも同様に蜜を食べる。ほとんどのインコは木のウロに巣をかけ、一夫一婦でつがいを作る。

九官鳥と同様、教えることによって人語やその他の音声をまねて発声するようになる。記録では、100語以上発話できた個体もいる。

形態[編集]

保護色とは異なる鮮やかな色彩の羽毛をもつことが多い。

頭部には、冠羽(かんう)と呼ばれる、ニワトリのトサカ状の羽毛をもつ種もある。これを「トサカ」と呼ぶ人もいる。

系統学[編集]

オウム目はオウム科、インコ科のふたつの科から成る。

ギャラリー[編集]

種名リスト[編集]

書籍[編集]

  • Bruce Thomas Boehner - Parrot Culture. Our 2,500-year-Long Fascination with the World's Most Talkative Bird (2004)

外部リンク[編集]