完顔盈歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

完顔 盈歌(かんがん えいか、女真音:ワンヤン インコ、重熙22年(1053年) - 乾統3年10月29日1103年12月12日))は、の景祖・烏古廼の末子。太祖・阿骨打の季父(末の叔父)である。

生涯[編集]

遼史』、『金史』によると、兄の8代目劾里鉢(ガリベチ、阿骨打の父)が亡くなると、女真完顔部の9代目首長に就いた。1103年10月29日に51歳で没した。その後は甥の烏雅束(阿骨打の兄)がその跡を継いだと記されている。

熙宗即位後、孝平皇帝と追諡、廟号穆宗とされた。皇統4年(1144年)、埋葬地を献陵と改称し、翌年章順孝平皇帝と増諡された。

子女[編集]

  • 撻懶(昌)
  • 周宋国王烏野(勗、字は勉道)

[編集]