キャロウェイゴルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キャロウェイゴルフ(英語:Callaway GolfNYSE: ELY)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ郡カールスバッドに本社をおくゴルフ用品メーカーである。

略歴[編集]

  • 1982年ジョージア州の実業家イリー・リーブス・キャロウェイが、カリフォルニア州パームスプリングスのゴルフクラブメーカー「Hickoly Stick USA」を買収し、社名を「Callaway Hickoly Stick USA」としてスタート。
  • 1988年、「S2H2」(Short, Straight, Hollow Hosel:短く、まっすぐに、貫通したホーゼル)という独創的なクラブヘッド設計を施した新しいアイアンセットを発表。この年、社名を「Callaway Golf Company」に改称。
  • 1991年、大型メタルウッド「ビックバーサ」を発売。「ビックバーサ」という名前は、第一次世界大戦時にドイツ軍が開発した高性能キャノン砲“ビッグバーサ”から命名された。イリー・キャロウェイは、以前から「遠くへ、正確に打つことができるドライバー」が完成したら、この名前をつけようと密かに決めていた。
  • 1992年、この年のシーズン終了時、「ビックバーサ」は、PGAおよびLPGAツアー、ベン・ホーガン・ツアー(現ネイション・ワイド・ツアー)でプロの使用率No.1となる。また、この年ゴルフメーカーとしては初めて、ニューヨーク証券取引所へ上場を果たす。
  • 1993年、この年、プロ入りしたアニカ・ソレンスタムがキャロウェイゴルフのスタッフプレーヤーとなる。
  • 1996年、ロジャー・クリーブランドがキャロウェイゴルフ開発チームに加わる。
  • 1997年、ロッシーで人気のNo.1パターメーカーの「オデッセイ・スポーツ社」を買収。
  • 2001年7月5日、療養中だったイリー・キャロウェイが82歳の生涯を閉じる。また、アニカ・ソレンスタムがオデッセイの「ホワイトホット2ボール」を使用し、日本のトーナメントで2連勝を飾り、この新型パターに注目が集まる。

製品・ブランド[編集]

  • キャラウェイ(LEGACYシリーズ、RAZRシリーズなど):ゴルフクラブ、ゴルフボール、アパレル、アクセサリー
  • オデッセイパター

契約選手[編集]

世界展開[編集]

日本法人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ グループ再編(子会社間の会社分割及び子会社の商号変更と当社による子会社の吸収合併の方針決定)に関するお知らせ”. TSIホールディングス (2013年12月13日). 2014年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]