砂山圭大郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
すなやま けいたろう
砂山 圭大郎
プロフィール
本名 砂山 圭大郎
愛称 K太郎
出身地 日本の旗 日本 山口県下関市
生年月日 (1975-06-30) 1975年6月30日(42歳)
血液型 B
最終学歴 早稲田大学商学部
勤務局 文化放送
活動期間 1998年 -
ジャンル スポーツ、バラエティ
配偶者 あり
家族 1男
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在 AG-ON研究所
AG-ON研究所 プレミアム
SPORTS DISCOVERY from TOKYO SKYTREE TOWN STUDIO
オトナカレッジ
過去 プロ野球中継
吉田照美のやる気MANMAN!(内包番組担当)
砂山大輔の主役は俺だ!
レコメン!
FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50
鷲崎K太郎
ほか
備考
入社当初は本名で出演。1998年10月頃から2012年3月は「砂山 大輔」、2003年7月から2012年3月は「レコメンダー・K太郎」「K太郎」名義を使用。2012年4月より、本名及び「砂山けーたろー」名義を使用。

砂山 圭大郎[1][2][3][4]〈すなやま けいたろう、1975年6月30日[1] - )は、日本アナウンサー文化放送に在職。山口県下関市出身。山口県立下関西高等学校早稲田大学商学部卒業[1]砂山 圭太郎は誤り。

冒頭の本名と異なるマイクネームを使用する場合があり、1998年11月から2012年3月までは「砂山 大輔」(すなやま だいすけ)[5]、2003年7月から2012年3月までは「レコメンダー・K太郎」(レコメンダー・ケーたろう)や「K太郎」(ケーたろう、K-Taro[6])名義も使用[7](後述も参照)を使用。2012年4月からは本名及び「砂山けーたろー」(すなやまけーたろー)を使用。

経歴[編集]

1998年(平成10年)、文化放送に入社[1]。同年、プロ野球西武ライオンズにドラフト1位指名された松坂大輔の動静およびライオンズとの入団交渉を伝えるリポーターに抜擢され、「砂山大輔」名義でリポート。松坂が入団後の1999年(平成11年)に、引き続き松坂の専従リポーターを担当[8]

その後も、「砂山大輔」名義で、ライオンズ戦中継をはじめ、さまざまなジャンルの番組を担当。2002年(平成14年)は民間ラジオ各局共同制作による、2002 FIFAワールドカップの中継で、文化放送からの代表として実況を担当[1]。また、月1回の割合で、文化放送と関係のある、NACK5のライオンズ戦中継で、実況を担当していた。

2003年7月、平日夜の帯ワイド番組『レコメン!』開始とともに、覆面マスクを着用した「レコメンダー・K太郎」として、パーソナリティに就任(K太郎としての公式プロフィールは、年齢不詳としている)。以降、主に「K太郎」名義で、若者向け番組を担当。

2008年(平成20年)、『レコメン!』の企画で『M-1グランプリ』に出場(結果は1回戦敗退。相方は『レコメン!』の構成作家)。11月11日、一般女性と入籍。

2012年(平成24年)2月28日、男児が誕生。同年3月28日放送の『レコメン!』で、メインパーソナリティを卒業。レコメンダー・K太郎としての引退とともに、正体が砂山本人であることも明かされた[9]3月30日放送の『FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50』をもって、「K太郎」名義の活動を終了。4月、文化放送 超!A&G+『AG-ON研究所』等で、A&Gゾーンや超!A&G+でのアニラジパーソナリティとして「砂山けーたろー」名義での活動を開始。また、本名名義での番組出演も再開している。

出演番組[編集]

2008年4月から2012年3月まで、概ね、K太郎名義の出演にとどまっていた。また、この頃より、文化放送の公式HP内プロフィールでは、担当番組欄に「CIA的な謎の多い番組」と明記していた[10]

2012年4月以降、主にA&Gゾーンや超!A&G+等でのアニラジでは「砂山けーたろー」名義、それ以外は本名で活動している。

「砂山圭大郎」名義

  • ラジオのあさこ(2018年4月7日 - )
  • 砂山圭大郎 Good morning from TOKYO SKYTREE TOWN STUDIO(ustream、2012年5月26日 - )

「砂山けーたろー」名義

  • 砂山・赤崎アワー えじまる(超!A&G+、2014年4月15日 - 、火曜17:30 - 18:00)
  • 砂山・赤崎アワー えじまる増刊号(AG-ON、2014年4月16日 - 、水曜日)

過去の出演番組[編集]

「砂山圭大郎」名義

「砂山大輔」名義(1999年 - 2012年3月)

「K太郎」名義(2003年7月 - 2012年3月)

「砂山けーたろー」名義(2012年4月以降)

複数名義出演

  • 文化放送ニュース(新人当時[2]から2004年頃[10]…砂山圭大郎または砂山大輔名義で担当、2012年4月 - 2013年3月・同年10月6日 - 2014年3月:砂山圭大郎名義で日曜担当。2013年10月以降は天気予報も担当。2018年4月からは『ラジオのあさこ』内で担当。砂山大輔だった2008年4月頃更新の文化放送の公式HP内プロフィールで「ニュースの原稿を4年ぐらい見ていません・・・」と記述[10][17]
  • 大竹まこと ゴールデンラジオ!(アシスタント:太田英明の代役) ※K太郎名義:2008年8月14日、15日。砂山大輔名義:2010年2月3日、4日、8月11日、2011年8月11日。砂山圭大郎名義:2012年8月27日-8月31日、2015年8月3日・4日・6日
  • 東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継(箱根駅伝中継) ※砂山大輔名義:? - 2004年[18]。砂山圭大郎名義:2013年[18]

他局の出演番組[編集]

現役の局アナウンサーながら、他局の番組に出演したことがある。

「砂山大輔」名義

「K太郎」名義

イベント[編集]

「K太郎」名義
「砂山けーたろー」名義

脚注[編集]

インターネットアーカイブ内保存キャッシュへの外部リンク含む。

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『テレビ・タレント人名事典』第6版に掲載された、砂山圭大郎のプロフィールを参照。
  2. ^ a b c d e 文化放送 公式HP内に掲載されたプロフィール(1999年2月21日付保存キャッシュ)
  3. ^ 文化放送 公式HP内に掲載されたプロフィール(2000年10月18日付保存キャッシュ)
  4. ^ 文化放送 公式HP内に掲載されたプロフィール(2000年12月6日付保存キャッシュ)
  5. ^ 「砂山大輔」の名義については、『テレビ・タレント人名事典』第6版に掲載された砂山圭大郎のプロフィールにも、別名として明記。
  6. ^ 担当当時の『FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50』ウェブサイト内タイトルバナーを参照…バナー(GIFファイル) - インターネットアーカイブ2011年6月14日付、保存キャッシュより。
  7. ^ 担当番組『レコメン!』ウェブサイト内プロフィールでは、名前について「レコメンダー・K太郎(略してK太郎)」と明記している。
  8. ^ 雄星に文化放送が“専属女子アナ”検討 - 『nikkansports,com』2009年12月13日付配信
  9. ^ 3月28日(水)のレコメン! レポ(『レコメン!』公式サイト内放送後記)より、「ラジオで、K太郎の引退宣言があり、彼は普通の砂山アナウンサーになりましたが」と明記。
  10. ^ a b c 文化放送 公式HP内に掲載されたプロフィール(インターネットアーカイブ2008年4月30日付保存キャッシュ)
  11. ^ 文化放送公式HP内プロフィールでは、2003年途中まで『ライオンズナイター』の名が明記されていた(4月5日付保存キャッシュ)が、その後除外(8月17日付保存キャッシュ)。一方、『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズのプロ野球中継担当アナウンサー名簿では、2004年まで掲載。また、『ライオンズナイター』公式サイト内出演者リストでは2005年シーズン開幕前まで掲載していた(2月6日付保存キャッシュ
  12. ^ 担当当時の番組公式HPは「リポーター」ではなく「レポーター」と表記していた。
  13. ^ ライオンズナイター公式サイト内『番組ディレクターマリコの「秘密の部屋」』(リンク先は、インターネット・アーカイブ2002年10月2日付保存キャッシュ)より、9月30日 - 10月3日の放送スケジュールにおいて、「実況初登場」という記述あり。
  14. ^ 参考外部リンク:
  15. ^ 参考外部リンク:最終更新後のBBQR内アナウンサー担当番組一覧(インターネットアーカイブ2005年7月30日付、保存キャッシュ)
  16. ^ AG-ON研究所研究所 プレミアム - AG-ONより、開始当時の番組サイト(リンク先は、インターネットアーカイブ2012年5月21日付保存キャッシュ)。
  17. ^ 2016年10月 - 2017年10月1日は『SUNDAY スポーツダッシュ!』担当アナウンサーが19:50頃の『キニナル』内ニュースを基本的に担当していたが、砂山が『SUNDAY スポーツダッシュ!』を引き継いでからは石森則和(報道スポーツセンター記者)が担当。これは同枠のニュースが報道スポーツセンター担当枠とされているためで、『SUNDAY スポーツダッシュ!』担当時点で制作部所属の砂山は対象外。
  18. ^ a b 2013年度の文化放送箱根駅伝中継サイト内出演者紹介ページより、砂山圭大郎のプロフィールを参照。「私にとって2004年以来9年ぶりの箱根駅伝です。」との記述あり(「」内記述は、リンク先よりコピペ・引用)。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]