石川洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしかわ ひろし
石川 洋
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
生年月日 (1959-07-24) 1959年7月24日
没年月日 (2013-01-06) 2013年1月6日(53歳没)
最終学歴 明治大学卒業
職歴 NHKアナウンサー(長野神戸東京アナウンス室広島大阪G-Media出向など)
活動期間 1983年 - 2012年
ジャンル スポーツ
出演番組・活動
過去 本文参照

石川 洋(いしかわ ひろし、1959年(昭和34年)7月24日 - 2013年(平成25年)1月6日)は、NHKの元チーフアナウンサー[1]

人物[編集]

神奈川県立新城高等学校を経て明治大学卒業後、1983年(昭和58年)入局。入局以来スポーツアナウンサーとして数多くの競技・大会等の中継に携わり、特にオリンピック中継では北島康介アテネオリンピックで金メダルを獲得した際のインタビューを担当するなど、数々の名場面に立ち会った人物でもある。

1995年(平成7年)の夏にはグアムで地震に遭遇。現地から中継し、会長賞を受賞した経験を持つ。

体調を崩して療養中であったが[2]2013年(平成25年)1月6日、東京都内の病院で急逝[3]。53歳没。

実況での名言[編集]

現役時代の出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石川洋アナウンサー”. NHK アナウンスルーム. 日本放送協会. 2013年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月8日閲覧。
  2. ^ “北島の名言引き出した石川洋アナが死去”. デイリースポーツ. (2013年1月7日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/01/07/0005651929.shtml 2013年1月7日閲覧。 
  3. ^ “NHK石川洋アナ死去 五輪中継で活躍”. 日刊スポーツ. (2013年1月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130107-1069008.html 2013年1月7日閲覧。 
  4. ^ 「もはや無敵。大勝利」オリンピック名言集・実況編”. 日刊スポーツ北京オリンピック特設サイト. 2013年1月7日閲覧。
  5. ^ 「伝説の延長17回」実況アナ 1度だけ録画を見直していた”. NEWSポストセブン. 小学館 (2013年1月8日). 2013年1月8日閲覧。