土居壮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土居 壮(どい つよし、1949年 - )はフリーアナウンサー。元テレビ東京アナウンサー成蹊大学卒業。

経歴[編集]

テレビ東京時代[編集]

1974年から土曜競馬中継の実況を長らく担当。ラグビーでは、5カ国対抗ラグビー、大学ラグビー(主に関東大学ラグビー対抗戦グループ、オール早慶明ラグビー等)、1991年全国社会人ラグビーフットボール大会決勝(ロスタイム、イアン・ウィリアムズの決勝トライで神戸製鋼が大会3連覇)の実況を担当していた。

また、『世界のプロレス』や音楽番組『TOKIO ROCK TV』の司会も担当。『世界のプロレス』ではWWFの本拠地ニューヨークに出張し、マディソン・スクエア・ガーデンにてジミー・ハートホンキー・トンク・マンなどへのインタビューも行った。ジェイク・ロバーツとのインタビューでは、ロバーツに「大蛇にキスをしなければインタビューは受けない」と言われた挙句、渋々大蛇にキスをする羽目となり、気絶しそうになったという[1]。そのキャリアを活かし、フミ斎藤こと斎藤文彦のコンビによるWWFやWCWのビデオソフトの実況も担当した。

夕方ニュースのキャスターも務め、何でもこなす万能アナとも呼ばれた。また、同局で昭和天皇崩御の第一報を伝えた人物である。

テレビ東京退社後[編集]

1991年、テレビ東京を退社。以降、主にCS放送やテレビ東京とその系列局でスポーツ実況・キャスターを務める。担当分野はプロ野球サッカーラグビー競馬ゴルフアイスホッケー競輪など。

競馬はグリーンチャンネル開局(1995年)から2005年12月まで中央競馬中継EAST(日曜午後)の司会を務めた。テレビ愛知テレビ北海道でも競馬番組の司会を担当したことがある。また、グリーンチャンネルや「世界の競馬」(NHK BS1)、「J SPORTSステークス」(J SPORTS)などで海外競馬の実況をおこなうこともある。

ラグビーはSKY sports(現J SPORTS)では1998年の開局からメイン実況。1999年ラグビーワールドカップでは現地実況を担当した。

サッカーはスポーツ・アイ(現J sports 3)でJリーグドイツ・ブンデスリーガなどの実況を担当。J-SPORTSが開局した1998年から2007年まで続いたアルゼンチンサッカーでは金田喜稔とコンビを組んだ。

担当番組[編集]

現在の担当番組[編集]

テレビ東京時代[編集]

実況を担当したゲームソフト[編集]

主な実況歴[編集]

GI級レース(海外も含む)[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 週刊プロレスSPECIAL 日本プロレスVol.2 P77(2014年、ベースボール・マガジン社)ISBN 9784583621876