中村克洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 克洋(なかむら かつひろ、1951年1月18日 - )は、元NHKアナウンサーで、現在はフリーアナウンサー広島経済大学教授[1]

来歴[編集]

山口県岩国市出身[1]山口県立岩国高等学校早稲田大学[1]教育学部を卒業。

1974年4月にNHKに入局。米子放送局(当時)山口放送局函館放送局などでの勤務を経て[1]1981年東京(放送センター)アナウンス室に配属。『NHKニュースワイド』リポーター、『どんなモンダイQてれび』、『』NHKナイトワイド』キャスター(土曜日)、『サンデースポーツ』、『歴史誕生』などの番組を担当した。

1992年6月、広島放送局へ異動。1994年には広島アジア大会の開会式と閉会式の番組司会を担当。1996年NHKを退職しフリーアナウンサーとなる。

1996年4月1日より、テレビ朝日で『ワイド!スクランブル』のメインキャスターを担当 ( ~1998年10月2日)。 1998年10月5日より、『早起き!チェック』の総合司会を担当 ( ~ 1999年3月26日)。 ほかにもテレビ東京の『わっ!!つNEW』に出演。

2002年4月より、RCC中国放送の夕方のニュース・生活情報番組『中村克洋のごじテレ。』キャスターを担当 ( ~2004年12月)。

『ごじテレ。』勇退後は暫く故郷である岩国に留まったのち、2006年4月に広島経済大学教授に就任[1]。メディアビジネス学部で[2]、日本語表現論やコミュニケーション心理などを担当[3]。同大学「興動館[4]」副館長[1]。現在は単身赴任状態であり、教授業をメインにしつつ、月数回東京に戻りアナウンサー業を行っている。

パーソナルデータ[編集]

  • ライフワーク、探求・研究テーマ : 「生き様の探求」「日本語表言論」「コミュニケーション」「歴史」など[1]
  • 趣味 : 陶芸生け花落語 [3]

出演番組[編集]

NHK時代[編集]

フリーアナウンサーとして[編集]

主な著作[編集]

  • 「生き方はスポーツマインド」 角川書店
  • 「逆境をチャンスにする発想と技術」 プレジデント社


脚注[編集]

[脚注の使い方]