中山果奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかやま かな
中山 果奈
プロフィール
愛称 中山さん、果奈たん
出身地 日本の旗 日本 広島県広島市
生年月日 1991年 -
最終学歴 東京大学
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 松江広島→東京アナウンス室
活動期間 2014年 -
ジャンル 報道情報
公式サイト NHK
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照
備考
上記活動期間はNHKアナウンサーとしてのもの。

中山 果奈(なかやま かな)は、NHKアナウンサー

人物[編集]

広島県広島市出身。ノートルダム清心中学校・高等学校東京大学卒業後、2014年に入局。

嗜好・挿話[編集]

  • 18歳の時、故郷の広島から東大進学のために上京したが、ホームシックを紛らわせるためにアルパカの人形を小脇に抱えて癒しを得ていた。
  • 初任地は松江放送局で、2016年3月まで勤務。
  • 新人時代、カメラの前に立つと緊張して、当時の松江放送局長から「日本一暗いアナウンサーだ」と言われた。
  • 広島放送局(2016年4月[1] - 2019年3月)を経て、2019年4月からNHK東京アナウンス室に勤務[2]。『首都圏ネットワーク』のキャスターを務めた。
  • 2020年は『NHKニュースおはよう日本』に隔週でキャスターを務めた[3][4]
  • 2021年からは土日の正午のニュースのキャスターを務める。
  • 2021年に豪雨災害が発生した熱海市の男性に生電話取材中に「避難してください」と呼びかけた。
  • 2022年に石川県能登地方を震源とする震度6弱の地震で緊急地震速報の一報を伝えた
  • 2022年7月8日は17時台のニュースを担当し、安倍晋三銃撃事件での安倍元首相死去の一報をニュース速報で伝えた。
  • 好きな食べ物は魚介類[5][6]。初任地の松江では、湯町釜や出西窯といった島根県地元の窯元を回り、焼きものを作ったり収集したりすることに熱中していた[7]

出演[編集]

☆印は現在出演(担当)中。

松江放送局時代(2014年度 - 2015年度)
広島放送局時代(2016年度 - 2018年度)
  • おはようひろしま(キャスター:2016年度 - 2017年度)
  • 一本の道BSプレミアム
    • “命の水”の聖地を歩く〜イギリス・スコットランド〜(2016年12月28日)
    • ナポレオン街道 わしの飛行328km〜フランス〜(2017年12月12日)
  • ニュースウオッチ9(保里小百合桑子真帆の代理キャスターを務めるための代理リポーター:2017年9月4日 - 15日)
  • 平成30年 広島平和記念式典(実況:2018年8月6日)
  • 首都圏ネットワーク(合原明子の代理キャスター:2018年8月20日 - 24日)
  • ラウンドちゅうごく(キャスター)
  • ろんぶ〜ん(司会:Eテレ、2018年10月4日 - 2019年3月21日)
  • NHKニュースおはよう日本林田理沙の代理キャスター:2018年9月24日 - 28日)
東京アナウンス室時代(2019年度 - )
  • 首都圏ネットワーク(キャスター:2019年度)
  • オシばん(キャスター:2019年度)
  • 首都圏ニュース845(代理キャスター:2019年7月4日、2021年2月1日、3日、8月10日、11日、11月15日)
  • さわやか自然百景 (ナレーション:『静岡 愛鷹山』2019年5月18日、『東京 小金井公園』2021年4月11日)
  • アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2019「関東甲信越地区大会」(ナレーション:2019年11月17日)
  • NHKニュースおはよう日本(5時台キャスター、2020年度、隔週)
    • ラジオニュース(10:00、11:00、隔週)
    • 桑子真帆の代理キャスター:2020年4月20日 - 24日、5月18日 - 22日、7月9日、10日、8月31日 - 9月4日、2021年2月15日 - 19日
    • 石橋亜紗の代理キャスター:2021年3月6日、7日
  • ダーウィンが来た!(ナレーション:2020年度 - )☆[8]
  • 未来スイッチ(ナレーション:2020年度 - )
  • チコちゃんに叱られる!(不定期:主にNHコ教養講座)
  • NHKスペシャル
    • 新型コロナウイルス 危機は繰り返されるのか 〜パンデミックの行方〜(語り:2020年6月27日)
    • パンデミック 激動の世界(1)および(2) 「ウイルス襲来 瀬戸際の132日」(語り:2020年8月29日、30日)
    • パンデミック 激動の世界(3) 「岐路に立つグローバル資本主義」(語り:2020年9月27日)
  • NHKニュース7
    • 伊藤海彦の代理キャスター:2020年8月8日、9日、22日、9月5日、6日、19日、20日、27日
    • 井上裕貴の代理キャスター:2020年10月26日 - 28日
    • 上原光紀の代理キャスター:2021年2月1日 - 3日、8月2日 - 6日、11月15日
    • 栗原望の代理キャスター:2021年5月6日
  • ニュース地球まるわかり(リポーター:2021年度 - 2022年3月20日)
  • 正午のニュース(キャスター[9]:2021年4月3日 - )☆
    • 関東甲信ローカルニュース(12:10~12:15)も兼務
    • 定時ニュース(午後1時、午後3時、午後6時)も兼務
    • 佐藤誠太の代理キャスター(2021年3月20日)
    • 三條雅幸の代理キャスター(2022年2月15日、16日、18日)
    • 糸井羊司の代理キャスター(2022年5月6日、7月25日 - 29日)

(午前11時・午後1時・午後6時の定時ニュースも兼務)

同期のアナウンサー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ありがとうございました!”. NHK松江放送局 (2016年3月16日). 2020年6月2日閲覧。
  2. ^ "オシ"の修行中”. NHK東京アナウンス室 (2016年6月21日). 2020年6月2日閲覧。
  3. ^ NHK「おはよう日本」抜てきの中山アナ まさかの変顔披露も「もっと出来ます」スポーツニッポン 2020年2月13日
  4. ^ NHK中山果奈アナ「どうかだまされないでください」首都圏ネットワーク卒業サンケイスポーツ 2020年3月27日
  5. ^ a b 初の旅ロケ”. NHK松江放送局 (2014年9月30日). 2020年6月2日閲覧。
  6. ^ 大田を満喫!”. NHK松江放送局 (2015年7月9日). 2020年6月2日閲覧。
  7. ^ "ヤキジョ"始めました”. NHK松江放送局 (2015年3月10日). 2020年6月2日閲覧。
  8. ^ ダーウィンが来た!”. NHK. 2020年6月2日閲覧。
  9. ^ 2021年度は土曜、2022年度は土曜・日曜・祝日担当
  10. ^ 中山果奈アナ、学生時代「NHKの手話ニュースの現場でアルバイト」”. サンケイスポーツ (2022年4月20日). 2022年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]