HELLO WORLD (ラジオ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HELLO WORLD
放送方式 生放送
放送期間 2010年10月1日 - 2016年3月31日
放送時間 月 - 金曜 22:00 - 23:30
放送局 J-WAVE、一部コミュニティFM
パーソナリティ (ナビゲーター)
(月 - 木曜)
DJ TARO
(金曜)
Sascha(〜2012年9月)
ハリー杉山(2012年10月 - 2016年3月)
公式サイト HELLO WORLD 公式サイト
テンプレートを表示

HELLO WORLD(はろーわーるど)は、2010年10月1日から2016年3月31日にかけてJ-WAVEで放送されていたラジオ番組。2011年3月まではBrandnew Jでも放送されていた。

概要[編集]

「今この瞬間に最も流行ってるコト」をメインテーマに、あらゆる流行を追いかける情報番組。

Twitterと連動しており、基本的にTwitterでのリスナーのつぶやきや今やっていることを紹介、音楽のリクエストもTwitterにて行う。

2015年9月30日までは、ラジオでの放送だけでなく、YouTubeの番組公式チャンネルでもスタジオの模様を終了後の反省会番組「おわろーわーるど」と合わせて、ライブ配信を行っていた(ニュース等の時間を除き、放送上ではCMや楽曲を放送中の時も、YouTubeでは雑談やスタッフとのやり取りなどのスタジオの様子がそのまま配信されていた)[1]

2006年4月開始の『REALITY BITES 〜HEADZ UP!〜』以来J-WAVEの金曜22時枠は月-木曜の同時間帯とは別の番組を放送してきたが、今回の改編で4年半ぶりに月曜から金曜まで同一の番組が放送される事になる。

2012年10月5日より杉山ハリー(後に「ハリー杉山」に改名)が金曜日を担当することになり、杉山ハリーの「ハ」とDJ TAROの「ロー」を合わせて「ハローワールド」とすることが、DJ TAROにより2012年9月24日に宣言された。

放送時間[編集]

期間 放送時間(JST 備考
2010.10 2014.03 月曜 - 金曜 22:00 - 23:45(105分)
2014.04 2014.09 月曜 - 金曜 22:00 - 翌0:00(120分) MAKING SENSE終了に伴い15分拡大
2014.10 2016.03 月曜 - 金曜 22:00 - 23:30(090分) THE HANGOUT開始、金曜のTOKYO REAL-EYESも同番組に合わせる形で枠拡大したことに伴い30分短縮

ナビゲーター[編集]

なお、放送第1回目は2人(サッタロコンビ)によるツインナビゲートで放送され、以後もスペシャルなどでこの2人による放送が行われている。

コーナー・内包番組[編集]

Headline News(ヘッドライン・ニュース)
月 - 金・22:46頃
ENTERTAINMENT STREAM f
金曜・22:50 - 22:55
ゲストコーナー
  • なお、YouTubeで映像を配信の際、ニュースおよび内包番組放送中はスタジオ内の時計または東京タワーをバックに無音で配信されていた。

終了コーナー[編集]

ENTERTAINMENT STREAM
月 - 木曜・22:50 - 22:55
前番組「PLATOn」での「ENTERTAINMENT EXPRESS」 を引き継いだ番組。ナビゲーターは中野めぐみがそのまま続投。
日替わりで番組が薦めるエンタテインメント情報を紹介する。
2011年9月30日放送にて中野めぐみ卒業。DJ TAROがナビゲーターを引き継ぐ。
muRata BELIEVE THE VOICE
金曜・22:50 - 22:55
受験生からの悩みにアーティストが答えるコーナー(2010年12月-2011年3月)
POCARI SWEAT REQUEST-ON-LINE
金曜・22:50 - 23:00
Facebookページのクエスチョン機能を利用したリクエスト番組(2011年10月-12月)
SPIDER SOUNDS
月 - 金曜・23:30 - 23:35
前番組「RADIO×SPIDER」から引き継いだコーナー。金曜のみだったのが5日間通しで放送される。
SNS「MySpace」と東京ニュース通信社、J-WAVEの3社で発足したインディーズレーベル「SPIDER RECORDS」との連動による新人アーティスト発掘コーナー。MySpaceに登録しているアマチュアアーティストの楽曲を1曲紹介する。月 - 木でオンエアされた4アーティストの楽曲をいしわたり淳二、Jeff Miyahara玉井健二(agehasprings代表)、前山田健一(ヒャダイン)など第一線で活躍するプロデューサーが審査し、アドバイスもする。
 「元気ロケッツREMIXコンペティション」2011年3月に開催。最優秀アーティストD-DIRECTIONが2011年9月にリリースされた「GENKI ROCKETS II-No border between us-」にリミキサーとして参加。元気ロケッツ「Touch me (metalmouse + Mix)」
 「tonikaイメージソングコンテスト」2011年4月に開催。590の応募作品の中から福岡在住のアーティストpacoがグランプリに選ばれる。賞金30万円。
LUMIX GF5 SHUTTER COLLECTION
金曜・22:50 - 23:00
リスナーの投稿写真の中から優秀作品をピックアップして紹介するというもの。
写真の投稿にはツイッターが採用され「#hw813entry」のハッシュタグが使われる。
HELLO WORLD ARCHIVES
月 - 金曜・23:30 - 23:35
インターネット上のオススメコンテンツ、サービスを紹介。番組ホームページにアーカイブしていくというもの。
TODAYS NEWS
月 - 金曜・22:10 - 22:20
ネット周りの一日のニュースを数項目伝える。
WORKING HERO
月 - 木曜・23:25 - 23:30
今、注目を浴びている企業の魅力、求める人物像を紹介する。
NIPPON SEKIJUJISHA "GAKUKEN" The Reason Why
月 - 金曜・23:45- 23:48
南沢奈央による学生向け番組(内包番組)。2014年10月よりTHE HANGOUTTOKYO REAL-EYES内に移動。
MUSICUNLIMITED TOKYO BAGAVOND
月 - 木曜・22:50 - 22:55
月曜・MAKIDAI(EXILE)、火曜・Superfly、水曜・JUJU、木曜・マンスリーアーティスト
4人のナビゲーターが週替わりで、聞いておくべき音楽、隠れた名曲を紹介する。
CYBER LAB
月 - 金曜・22:25 - 22:30
流行しそうな物を探るトレンド研究コーナー。新製品やサービスを日替わりないし数日に渡って取り上げる。

番組で行った企画[編集]

外からの中継等
スタジオの外からの中継も行うことがあり、2010年10月21日には開業したばかりの羽田空港国際線ターミナルから、2010年11月10日には神田駅東口にある焼肉店から、中野めぐみが中継した。この時の「ENTERTAINMENT STREAM」は中継地からの放送となった。また、2010年12月16日には楽天市場とのコラボレーション企画として北海道の物産を紹介、このためDJ TAROや中野、スタッフなどが札幌に出張し、FMノースウェーブのスタジオから生放送を行った。2011年6月には沖縄に1週間滞在し、ホテルムーンビーチ、ブセナテラスの客室からの完全生中継。2011年8月には同じく六本木ヒルズに入居しているGoogleから(半)公開生放送も実施。2012年4月にはメインナビのDJ TAROが都内の花見スポットを巡りレポートする企画を実施。放送場所はスタジオに限られることはない。また地方ロケも行っており、その際の映像や写真がUstream上で紹介されることもある。
J-WAVEセッション
J-WAVEのスタジオで実施するライブセッション。間にコーナーを挟む以外はスタジオからの生演奏が中心となる。地上波、radikoだけでなくYouTubeでも配信され、YouTubeでは演奏中の映像も配信される(音に集中してもらうためUstreamの時代はライブ中は音声のみの配信だったこともある。また初回はBrandnew-J、Ustreamでの配信は無かった)。
Celebrating Release of “TRON:LEGACY”J-WAVE HELLO WORLD NIGHT
番組初のイベントとして、2010年12月14日に『トロン: レガシー』公開記念のクラブイベントを代官山・UNITで開催した。DJ TAROの他、大沢伸一VERBALm-flo)、MADEMOISELLE YULIAが出演。SaschaもMCとして出演した。
HELLO WORLD DREAM EDITION
2010年12月23日に放送された特番。20時からの時間枠拡大版として、「夢」をテーマに放送した。ナビゲーターもDJ TAROとSaschaのツインナビゲートとなった。
J-WAVE HELLO WORLD 1st Anniversary Party @MOGRA秋葉原
2011年11月4日、Akihabara MOGRAで開催された1周年記念パーティー
イベント冒頭1時間45分はラジオ生中継。その後、翌朝5時までイベントは続行
ゲスト出演はRAM RIDER、@djtomoko n Ucca-Laugh。DJ TARO、Saschaの他、番組スタッフもDJ PLAY
ザ・マッカラン ファインオーク presents J-WAVE HELLO WORLD NIGHT
2011年11月25日、六本木ヒルズHILLS CAFE / SPACEで行われたDJイベントを生中継
出演DJ DJ DECKSTREAMDJ KAWASAKI野崎良太(Jazztronik)
LIVEゲスト 三浦大知(DJ DECKSTREAM)、COMA-CHI(DJ KAWASAKI)、ELIANA(Jazztronik)
LUMIX×HELLO WORLD 1DAY PHOTO SCHOOL
2011年12月4日、六本木ヒルズ及びJ-WAVEで行われた写真のワークショップ
写真家塙真一氏を講師に迎え、DJ TAROとSascha、リスナー10名を生徒にした形で写真の楽しさを学ぶ内容
パナソニックLUMIX「DMC-GX1」を使用
第2弾は、2012年6月〜7月にかけて4回開催
6/2横浜(DJ TARO) 6/16お台場(Sascha) 7/14恵比寿(DJ TARO) 7/28江ノ島(Sascha)
J-WAVE HELLO WORLD×TAKENOKO!
ASOBISYSTEMのレギュラーイベントTAKENOKO!とのコラボで2012年2月12日(日)渋谷WWWで実施
15時 - 20時と開催時間が早いので末成年ウェルカムのイベント
出演DJ きゃり〜ぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカ、RAM RAIDER、DJ TARO
第2弾は2012年4月29日(月)渋谷SOUND MUSEUM VISIONで実施
この回はDJ TAROに加え、Sascha、tonytoda、AD GUCCIもDJとして出演
第3弾は2012年8月25日、新木場スタジオコーストで開催
大人も子供も大変なんだよSP
2012年2月29日に、文化放送で放送されている裏番組の『レコメン!』とのコラボレーションとして放送。本番組ではDJ TAROが大人から子供に対する意見を、『レコメン!』ではK太郎小島よしおが子供から大人に対する意見を募集し読み上げる。また互いの番組をつないで同時放送(Ustreamでも文化放送のスタジオにカメラを設置しその模様が見られるようになっていた)を行い、大人側・子供側のリスナー代表が電話で参加して討論するコーナーも設けられた。
ザ・マッカラン ファインオーク presents J-WAVE HELLO WORLD NIGHT Vol.2
2012年5月18日、六本木ヒルズHILLS CAFE / SPACEで行われたDJイベントを生中継
出演DJ DJ DECKSTREAM、Tomoyuki Tanaka(FPM)、Matzz(quasimode
LIVEゲスト 青山テルマ
ザ・マッカラン ファインオーク presents J-WAVE HELLO WORLD NIGHT Vol.3
2012年11月22日、六本木ヒルズHILLS CAFE / SPACEで行われたDJイベントを生中継
出演DJ DJ KAWASAKI、DJ FUMIYA、野崎良太(Jazztronik)
LIVEゲスト 青山テルマ(DJ KAWASAKI)、鎮座DOPENESS(DJ FUMIYA)、JAY'ED(Jazztronik)
THE INTERVIEW
スタジオでナビゲーターがゲストに一対一でインタビューする。
J-WAVEトークセッション
J-WAVEのスタジオで実施するゲスト同士のトークセッション。間にコーナーを挟む以外はスタジオにて事前に収録したトークが中心となる。地上波、radikoだけでなくUstreamにて収録風景の写真も配信される。
月刊ドラゴン
2013年から2014年3月まで放送、毎月最後の金曜日放送。DJ DRAGONをゲストに迎え、一つのテーマについてハリー杉山と語り合う。なお、DJ DRAGONはDJ TAROが休暇時の代理としてナビゲートを担当したこともある。

この他、ナビゲーターと番組スタッフで行う「番組非公認」のDJ イベント「Odoro World」が開催されている。

スタッフ[編集]

過去のスタッフ[編集]

  • プロデューサー 三浦宏之
  • ディレクター 山根一森
  • ディレクター 高田友明
  • AD LABI関根
  • YouTube配信 飯田佳史
  • YouTube配信 おかP

関連項目[編集]

  • ミュ〜コミ+プラス - ニッポン放送で放送されている番組。2011年10月3日放送分ではTwitter上のやりとりが元となって同番組パーソナリティのニッポン放送アナウンサー吉田尚記が電話出演している[2]。 番組では「各局人気DJへのインタビューをお届けしています。」と言っているのに自分がインタビューされていないのはおかしい!という吉田の主張を採用した形。

番組が放送されている放送局[編集]

  • J-WAVE
  • コミュニティFM局
一部のコミュニティFM局では時間が短縮されて放送されている場合があるので各放送局の番組表を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 放送開始から2014年4月4日までは、Ustreamにてライブ配信を行っていた。
  2. ^ 「HELLO WORLD対ミューコミ+プラス(2011年10月3日)」 - Togetterまとめ(当日のTwitter上でのやりとり)

外部リンク[編集]

J-WAVEBrandnew J 平日夜(22:00開始)のワイド番組
前番組 番組名 次番組
PLATOn
(月曜-木曜)
RADIO×SPIDER
(金曜)
HELLO WORLD
AVALON
(月曜-木曜)
SOUND GARAGE UNIVERSE
(金曜)
J-WAVE 平日23:45枠→23:30枠
MAKING SENSE
(23:45-翌0:00)
HELLO WORLD
THE HANGOUT
(月曜-木曜23:30-翌1:00)
TOKYO REAL-EYES
(金曜、30分拡大)