DJ TARO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

DJ TARO(ディージェイタロー、1972年1月17日 - )はクラブ・ラジオDJナレーター、編曲家。本名は中田太郎(なかだたろう)。自身が社長を務めるVASP所属。ブラジル出身[1]

来歴・人物[編集]

ポルトガル語(母語)、日本語英語トライリンガル。ホームページではネイティブレベルの発音と書かれている。

父親が日本人で母親がブラジル人のハーフで歌手のソニア・ローザ

特技はローラースケートサーフィンスノーボード、ものまね(タラちゃんクリス・ペプラーなど)。中でもローラースケートはかなり上手く、かつて光GENJIにもレッスンしたことがある[要出典]

80年代後半、ローラーゲームの東京ボンバーズの選手としてローラーゲームに参加していた(本人談)[要出典]

1998年、長野県白馬で行われた冬季オリンピックジャンプ種目の総合司会を務める。

2010年、日本で初めてiPadを用いたDJプレイを行った。さらに同年4月15日には、自身がナビゲーターを務めるJ-WAVEのラジオ番組『M+』にて、ラジオ史上初となるiPad(Cue Play DJアプリ)でDJを行った。

主な出演[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

その他[編集]

  • OVA
    • TAMALA ON PARADE - シューティングゲーム音、広場の時計、マイク

作品[編集]

著書[編集]

おもなプロデュース曲[編集]

  • Bernard Ackah + DJ TARO feat. Igor, VASP ALL STARZ「Rising from Africa(Le Coup Sauvage)」- ベルナール・アッカ入場テーマソング[2]
  • B1「TELL ME」/「Something Natural」ガンボレコーズ
  • エレファントラブ「ELEPHANT LOVE」EBIS RECORDS
  • Aica「BABY LUV」

おもな編曲作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Artists,,DJ TARO インタビュー141号”. iloud. 2017年2月18日閲覧。
  2. ^ DJ TARO”. Radio Personality. 2017年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]