松崎ナオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松崎ナオ
生誕 (1976-01-08) 1976年1月8日(42歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 東京女学館高等学校卒業
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギターピアノ
活動期間 1998年 -
レーベル エピックレコードジャパン
(1998年 - 2002年)
HIGE RECORDS
(2003年)
M&Iカンパニー
(2006年 - 2008年)
自主レーベル
(2009年)
ラストラム・ミュージックエンタテインメント
(2013年)
condense tune
(2015年 - )
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)
(1998年 - 2002年)
POPSTAR inc.
(2006年 - 2008年)
共同作業者 鹿の一族、椎名林檎
公式サイト NAO MATSUZAKI OFFICIAL WEBSITE

松崎ナオ(まつざき ナオ、本名:松崎 名央、1976年1月8日 - )は、東京生まれの日本の女性シンガーソングライター[1][2]。血液型A型。身長166cm。2016年からは3ピースバンド「鹿の一族」のボーカルとしても活動[3]

人物[編集]

1998年にシングル「花びら」でメジャーデビューを果たし、2002年からは活躍の場をインディーズに移してマイペースな活動を続けている[2][4]

社会現象的な人気を博した「リング」のテレビドラマ版「リング〜最終章〜」(1999年)でシングル「白いよ。」のミュージック・ビデオがストーリーのカギを握る“呪いのビデオ”として使用され、最終回には自身も出演している[2][4][5]

NHKドキュメント72時間」(2006年 - )のテーマ曲に起用されている「川べりの家」がロングヒットを記録し、代表曲となった[6][7]

ソロシンガーとしての活動の他、2016年にバンド「鹿の一族」を結成。メンバーは松崎ナオ(Vo)、鹿島達也(B)、奥村純(Dr)の3人[3]

高校卒業後、インドネシアにホームスティをしていた。

ミッツ・マングローブとは、ミッツが大学在学中の頃からの友人。

音楽[編集]

歌を歌い始めたのは「友達に手紙を書こうと思ったが、気持ちが上手く伝えられず歌を書いた」のがきっかけとのこと。

危うさとコケティッシュな雰囲気とが交錯する歌声と内省的な歌詞が特徴[2][4]ギター、曲によってはピアノ弾き語り、時にはドラムスベースとの3ピースバンドでも活動する[1]

デビュー当時はまだギターが弾けず、ピアノだけで弾き語りをやっていたが、コードを弾いて歌うくらいのことしか出来なかったため、曲作りの際はドラムを叩きながら作っていた。デビューするまでに3、4年かかったので、その間にディレクターに曲作りを叩き直された。当時、夢中になっていた打ち込みで作った曲をアレンジャーが何とか楽器で再現してくれたため、デビューアルバムは多彩な楽器を使った非常に凝ったバンドサウンドに仕上がった。[8]

来歴[編集]

デビュー前[編集]

メジャーデビュー[編集]

1998年
  • 3月21日、Epic/Sony Recordsからシングル「花びら」でデビュー。
  • 4月22日、渡辺善太郎・松本靖雄プロデュースのファーストミニアルバム『風の唄』をリリース。
  • 10月31日、セカンドアルバム『正直な人』をリリース。
1999年
  • 1月、テレビドラマ『リング〜最終章〜』に彼女の「白いよ。」のビデオクリップが使われる[注 2]。最終回には彼女自身も出演。
2000年
  • 9月19日、下北沢にて主催イベントを開催。友人バンドが出演し、シークレットゲストには椎名林檎率いる虐待グリコゲンが登場した[9]
2001年
  • 4月21日、サードアルバム『虹盤』を発表。
  • 7月18日、佐久間正英プロデュースのシングル「太陽」をリリース。
2002年

インディーズ[編集]

2003年
2006年
  • 8月18日、M&Iレーベルより『虹盤』以来約5年ぶり通算4枚目のフル・アルバム『Flower Source』をリリース。同アルバムの収録曲「川べりの家」がNHK総合『ドキュメント72時間』(10月3日スタート)のテーマ曲に、そして「hello goodbye」が重松清原作の映画『きみの友だち』(2008年7月公開)の挿入歌に起用される。それと前後して新しいホームページも開設。
2008年
  • 2月20日、アルバム『気持ちバタフライ』を発売。
2009年
  • 9月5日、ライブ会場限定販売でアルバム「そんな印象ガール」を発売。
2013年
  • 3月6日、プロデューサーに上田禎を迎え、4年ぶり(流通盤としては5年ぶり)となるフルアルバム『賞』を発売[11]
2015年
  • 12月9日、全曲一発録音のギター弾き語りアルバム『39(サンジュウキュウ)』を、タワーレコードのレーベル・condense tune(コンデンス チューン)の第1弾作品としてリリース[8]
2016年
2017年
  • 12月22日、「椎名林檎と松崎ナオ」名義で配信限定シングル「おとなの掟[注 4]をリリース。
2018年
  • 1月17日、鹿の一族の1stアルバム『鹿の一族』をリリース[3]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル
メジャー
1st 1998年3月21日 花びら 8cmCD ESDB-3827(廃盤) Epic records
2nd 1998年8月21日 あなたに向かって 8cmCD ESDB-3861(廃盤)
3rd 1998年10月21日 哀しみが止まらない 8cmCD ESDB-3877(廃盤)
4th 1999年2月27日 電球 CD ESCB-1955(廃盤)
5th 1999年4月21日 鳥が飛ぶ意識 CD ESCB-1973(廃盤)
6th 1999年8月21日 雨待人模様 CD ESCB-2008(廃盤)
7th 2000年9月20日 月と細胞 CD ESCB-2168(廃盤)
8th 2001年7月18日 太陽 CD ESCB-2251(廃盤)
インディーズ
9th 2006年11月15日 川べりの家 CD+DVD(初回限定盤) MYCD-20011 M&Iカンパニー
CD(通常盤) MYCD-20012

スタジオ・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
メジャー
1st 1998年10月31日 正直な人 CD ESCB-1919(廃盤) Epic records
2nd 2001年4月25日 虹盤 CD ESCB-2199(廃盤)
インディーズ
3rd 2006年8月18日 Flower Source CD MYCD-30394 M&Iカンパニー
4th 2008年2月20日 気持ちバタフライ CD MYCD-30456 URiTA、田中寛司(ドブロク)をゲストボーカルに迎えた2曲を含む。
5th 2013年3月6日 CD ICNM-0001 ラストラム・ミュージックエンタテインメント

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
メジャー
1st 1998年4月22日 風の唄 CD ESCB-1876(廃盤) Epic records 渡辺善太郎プロデュース。
インディーズ
2nd 2003年8月8日 FLOR TREM CD HIGE-88 HIGE RECORDS タワーレコード限定販売。
3rd 2009年9月5日 そんな印象ガール CD 自主レーベル ライブ会場限定発売。
4th 2015年12月9日 39(サンジュウキュウ) CD CTRC-001 condense tune 全曲本人によるギター弾き語り。埼玉県所沢の寺院にてワンテイクで収録。

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録作品
1999年9月22日 4. 情熱に届かない〜Don't Let Me Go SRCL-4649 松任谷由実 トリビュートアルバムDear Yuming
2002年5月27日 7. 木綿のハンカチーフ TOCT-24780 椎名林檎 カバーアルバム唄ひ手冥利〜其ノ壱〜
2002年10月25日 LRSW-UK06 herb スタジオアルバム『refugees won't speak』
2002年10月30日 1. 強烈ロマンス(掛け声:松崎ナオ) AMCT-10010 ミツキヨ(及川光博と忌野清志郎) シングル「強烈ロマンス
2003年10月22日 9. 電球 ESCL-2458 コンピレーション・アルバム『ROCK AND ROLL JAPAN』
2012年10月15日 5. 光のスピードで(Pandeiro:松崎ナオ)
6. HOPE 〜君の思い出を抱いて〜(Pandeiro:松崎ナオ/Electronics:赤井正良)
PFCA-0026 近藤金吾 スタジオ・アルバム『惑星の日々』
2017年2月22日 9. 暴れだす WPCL-12462 ウルフルズ トリビュートアルバムウルフルズ Tribute 〜Best of Girl Friends〜

コラボ作品[編集]

発売日 名義 タイトル 規格 備考
2017年12月22日 椎名林檎と松崎ナオ おとなの掟 デジタル・ダウンロードシングル

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
小島淳二 「太陽」
TAJIMAX 「あなたに向かって」「白いよ。」
渡辺一志 「月と細胞」(出演:遠藤雅告井孝通)
不明 「哀しみが止まらない」「雨待人模様」「花びら」「鳥が飛ぶ意識」

楽曲提供[編集]

鈴木紗理奈
  • ボクの夜(作詞:鈴木紗理奈、松崎ナオ/作曲:松崎ナオ/編曲:亀田誠治
  • 革命宣言ス。(作詞:鈴木紗理奈、松崎ナオ/作曲:松崎ナオ/編曲:亀田誠治)

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
「白いよ。」 フジテレビ系ドラマ『リング〜最終章〜』挿入歌
「もう一人のボク」 フジテレビ系バラエティ番組ネプフジ』オープニング・テーマ
「hello,goodbye」 映画『きみの友だち』(ビターズ・エンド)挿入曲
「川べりの家」 NHK『ドキュメント72時間』テーマソング

主なライブ[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ソニーミュージックの新人開発・育成セクションとして1978年に設立された「SDグループ」によるオーディション。
  2. ^ ドラマ内で『見ると13日後に死ぬ「呪いのビデオ」』として使用。
  3. ^ ピアノとタンバリンに似たブラジルの打楽器・パンデイロだけで構成されたアコースティック・アルバム。新曲三曲とセルフカバー三曲を収録。
  4. ^ テレビドラマ『カルテット』の主題歌として椎名林檎が提供し、松たか子満島ひかり高橋一生松田龍平の出演者4人によるユニットDoughnuts Holeの配信シングルとしてリリースされたものをカバー。

出典[編集]

  1. ^ a b PROFILE”. 松崎ナオ – NAO MATSUZAKI OFFICIAL WEBSITE. 2018年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c d 松崎ナオの記事まとめ”. 音楽ナタリー (2014年10月16日). 2018年1月13日閲覧。
  3. ^ a b c 松崎ナオ率いる鹿の一族が1stアルバム、椎名林檎&竹原ピストルのコメントも”. 音楽ナタリー (2017年12月19日). 2018年1月13日閲覧。
  4. ^ a b c 松崎ナオプロフィール”. 音楽出版社. TOWER RECORDS ONLINE (2012年7月30日). 2018年1月13日閲覧。
  5. ^ 感性の戦士! レインボー・ウーマン!”. BARKS (2001年4月26日). 2018年1月13日閲覧。
  6. ^ NHK『ドキュメント72時間』テーマ曲、松崎ナオ「川べりの家」が今ジワジワ話題に!”. ポニーキャニオン公式ニュース (2015年4月24日). 2018年1月13日閲覧。
  7. ^ 発売から9年…松崎ナオの「川べりの家」注目度急上昇”. 音楽ナタリー (2015年5月2日). 2018年1月13日閲覧。
  8. ^ a b 松崎ナオ×行達也 整いすぎた時代に「完璧じゃない作品」を提案. インタビュアー:金子厚武. (2016年1月21日). CINRA.NET(シンラドットネット).. http://www.cinra.net/interview/201601-matsuzakinao 2010年5月1日閲覧。 
  9. ^ 松崎ナオのオーガナイズ・イベントに“虐待グリコゲン”現る”. BARKS (2000年9月26日). 2018年1月13日閲覧。
  10. ^ 松崎ナオ2年ぶりの新作アルバムがタワレコ限定で登場!!!”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2003年6月24日). 2018年1月13日閲覧。
  11. ^ 松崎ナオ、プロデューサーに上田禎迎えた5年ぶりアルバム”. ナタリー (2013年3月6日). 2013年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]