穂積八束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
穂積 八束
1912年8月撮影
人物情報
生誕 1860年3月20日万延元年2月28日
伊予国宇和郡宇和島(現・愛媛県宇和島市
死没 1912年10月5日(満52歳没)
神奈川県鎌倉郡鎌倉町(現・鎌倉市
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部
学問
研究分野 法学憲法学
研究機関 東京帝国大学法科大学
学位 法学博士(日本・1891年)
称号 東京帝国大学名誉教授(1912年)
特筆すべき概念 天皇主権説
主要な作品 『国民教育 憲法大意』(1896年)
『憲法提要』(1910-1911年)
影響を
受けた人物
パウル・ラーバントドイツ語版
影響を
与えた人物
上杉慎吉
学会 帝国学士院
国家学会
法学協会
テンプレートを表示
日本の旗 日本の政治家
穂積 八束

選挙区 勅選議員
在任期間 1899年7月12日 - 1912年10月5日
テンプレートを表示

穂積 八束 (ほづみ やつか、1860年3月20日安政7年2月28日) - 1912年10月5日)は、日本法学者東京帝国大学法科大学長。貴族院議員。法典調査会査定委員。

民法典論争に際し発表した論文『民法出デテ忠孝亡ブ』で非常に有名である。また、日本法律学校(現在の日本大学)の設立に参画したことでも知られる。

美濃部達吉らが主張した天皇機関説に対し、天皇主権説を唱えた。

人物[編集]

伊予宇和島藩士の穂積家に生まれる。鈴木(穂積)重樹の三男。長兄の穂積重頴第一銀行頭取。東京帝国大学法学部教授、民法起草者の一人である穂積陳重は次兄。正三位勲一等。妻は浅野総一郎(初代)の長女まつ。

経歴[編集]

栄典[編集]

1900年頃の肖像
外国勲章佩用允許

系譜[編集]

 ∴
饒速日命
 ┃
 :
 ┃
 ┣━━━━┓
 :    ┃
 ┃   弟橘姫━━日本武尊
鈴木重麿
 ┃
穂積重樹
 ┃
 ┣━━━━┳━━━━┓
 ┃    ┃    ┃
穂積重頴 穂積陳重 穂積八束
           ┃
 ┏━━━━┳━━━━┻┳━━━━━┳━━━━━┳━━━┳━━━┓
 ┃    ┃     ┃     ┃     ┃   ┃   ┃
穂積重威 穂積秀二郎 穂積義三郎 穂積隆四郎 千鶴子 万亀子 寿賀子
 ┃
 ┣━━━━┳━━━━┳━━━━┓
 ┃    ┃    ┃    ┃
穂積重憲 穂積英夫 穂積信夫 穂積忠夫

家族[編集]

著作[編集]

単著書
共著書
  • 『国民道徳ニ関スル講演』 文部省編、文部省、1911年4月
    • 『国民道徳ニ関スル講演』 文部省編、大空社〈日本教育史基本文献・史料叢書〉、1991年4月
  • 『修身科講義録』 井上哲次郎、吉田熊次共述、東京府内務部学務課、1911年9月
    • 『修身科講義録』 東京府内務部学務課編、大空社〈日本教育史基本文献・史料叢書〉、1991年4月
  • 『穂積陳重八束進講録』 穂積重遠、穂積重威編、岩波書店、1929年11月

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 明治17年留学生のメンバーは森林太郎(鴎外)、片山国嘉丹波敬三長與稱吉田中正平宮崎道三郎隈川宗雄萩原三圭、穂積八束、飯盛挺造の10名。鴎外がこの10名を日東十客ノ歌を書いている(中井義幸著 『鴎外留学始末』 岩波書店、1999年7月、ISBN 4000223623、2-6頁)。
  2. ^ 民法典論争は1889年5月の法学士会意見書に始まるものであり、八束が起こしたものではない(富井政章著 『訂正増補 民法原論第一巻総論』 有斐閣、1922年8月第17版、67頁。「法典実施延期戦」(穂積陳重著 『法窓夜話』 有斐閣、1916年1月)。
  3. ^ 長尾龍一「穂積八束」潮見利隆・利谷信義編『日本の法学者』112頁
  4. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  5. ^ 『官報』第4636号「叙任及辞令」1898年12月12日。
  6. ^ 『官報』第4949号「叙任及辞令」1899年12月28日。
  7. ^ 『官報』第6067号「叙任及辞令」1903年9月19日。
  8. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  9. ^ 『官報』第6181号「叙任及辞令」1904年2月12日。
  10. ^ 『官報』第7694号「叙任及辞令」1909年2月22日。
  11. ^ 『官報』第57号「叙任及辞令」1912年10月8日。
  12. ^ 長尾(1974)、99頁。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
梅謙次郎
日本の旗 東京帝国大学法科大学
1897年 - 1911年
次代:
土方寧
先代:
梅謙次郎
法学協会評議員長
1897年 - 1912年
次代:
土方寧