日本医科大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本医科大学
Nippon Medical School,1935.jpg
 昭和初期の日本医科大学
大学設置 1926年
創立 1876年
学校種別 私立
設置者 学校法人日本医科大学
本部所在地 東京都文京区千駄木1-1-5
キャンパス 千駄木キャンパス - 東京都文京区
武蔵境キャンパス - 東京都武蔵野市
学部 医学部
ウェブサイト 日本医科大学公式サイト
テンプレートを表示

日本医科大学(にほんいかだいがく、英語: Nippon Medical School)は、東京都文京区千駄木1-1-5に本部を置く日本私立大学である。1926年に設置された。大学の略称は日本医大、日医大、日医、「私立医大の雄」と称される

概要[編集]

1876年(明治9年)に長谷川泰により創設された済生学舎を前身とする開学130年を超える日本最古の私立医科大学である。1903年(明治36年)8月31日、済生学舎創立者長谷川泰による済生学舎廃校宣言直後に創立者磯部検蔵によって設立された「済生学舎同窓医学講習会」、「医学研究会」、日本医学校の設立や私立東京医学校との合併、専門学校令による旧制日本医学専門学校の時代を経て、1926年(大正15年)の大学令によって旧制日本医科大学となる。 戦前に大学令によって旧制大学に昇格したのは私立医大では3校であり、慶應義塾大学医学部東京慈恵会医科大学と共に、私立医大御三家と称されることがある[1][出典無効]

なお、東京女子医科大学は前身の済生学舎出身の吉岡弥生(1892年卒)によって創立され、東京医科大学は日本医学専門学校から袂を分かった人々によって創立され、埼玉医科大学は卒業生の丸木清美により設立された経緯があり、日本医科大学は私立医科大学の歴史における三大潮流の一つとされている。

卒業生には、世界的な細菌学者である野口英世(1897年卒)や、野口英世を指導した北里柴三郎の一番弟子で日本細菌学会賞の一つにその功績を浅川賞として残している浅川範彦(1883年卒)、眼科学の内外の現教科書に小口病として掲載されている名古屋医科大学学長にもなった小口忠太(1891年卒)、東京帝国大学の医化学助教授を経て金沢医科大学学長となった須藤憲三(1893年卒)、癌の免疫療法薬の1つとして有名な丸山ワクチンを開発した丸山千里(1928年卒)、ベルリン大学医学部で東洋人として初めて教授資格を取得しドイツのウリーツェンで現在も敬愛されている肥沼信次(1934年卒)、ジョン・F・ケネディマリリン・モンロー検死した米国ロサンゼルス郡検死局長のトーマス野口(1951年卒)、日本医師会世界医師会の会長を務めた坪井栄孝(1952年卒)などを輩出している。

建学の精神[編集]

  • 克己殉公

教育理念[編集]

  • 愛と研究心を有する質の高い医師と医学者の育成

沿革[編集]

  • 1876年明治9年)4月 - 長谷川泰により、済生学舎設立。本校の前身となる。
  • 1903年(明治36年)
    • 8月 - 済生学舎廃校宣言。
    • 9月 - 済生学舎同窓医学講習会組織。
  • 1904年(明治37年)4月 - 済生学舎学生を救済するために山根正次衆議院議員(校長)らによって私立日本医学校設立。
  • 1910年(明治43年)3月 - 私立東京医学校を合併。同年10月私立東京医学校跡地駒込(現千駄木校舎)に移転。翌11月付属駒込病院(現・付属病院)開院。
  • 1912年(明治45年)7月 - 私立日本医学専門学校となる。
  • 1919年大正8年)8月 - 日本医学専門学校と改称。
旧・付属第一病院
旧大学令による医科大学は私立では日本医科大学、東京慈恵会医科大学慶應義塾大学医学部の3校。公立は京都府立医科大学。8帝国大学医学部と6官立医科大学に加え、現中国医科大学の前身、満州医科大学の計19校。なお、9番目の帝国大学医学部である台北帝国大学医学部の創設は1936年(昭和11年)。

組織[編集]

  • 学校法人 日本医科大学
理事会、教授会

学部[編集]

大学院[編集]

施設[編集]

  • 同窓会館橘桜会館

校舎[編集]

系列・附属施設[編集]

その他[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 医系大学の系譜”. 2013年6月23日閲覧。[出典無効]
  2. ^ “元熱田派、調停受け入れ 話し合いの場は共生懇に”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 19. (1994年1月27日) 
  3. ^ “北総地域の中核医療施設 日本医科大学附属「千葉北総病院」きょう開院”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 6. (1994年1月26日) 
  4. ^ 日本医科大学と東京理科大学との連携協力に関する協定の締結について”. 日本医科大学 (2009年12月24日). 2010年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月20日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度43分16秒 東経139度45分32秒 / 北緯35.7211度 東経139.7590度 / 35.7211; 139.7590