熊谷久虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くまがい ひさとら
熊谷 久虎
熊谷 久虎
東宝映画社『東宝映画』第3巻第1号(1939)より
生年月日 (1904-03-08) 1904年3月8日
没年月日 (1986-05-22) 1986年5月22日(82歳没)
出生地 日本の旗 日本 大分県中津市
職業 映画監督
ジャンル 映画

熊谷 久虎(くまがい ひさとら、1904年3月8日 - 1986年5月22日)は、日本映画監督。代表作に『蒼氓』 『阿部一族』『上海陸戦隊』などがある。女優の原節子は義妹(妻の妹)である。

来歴・人物[編集]

大分県中津市に生まれる[1]大分高等商業学校卒業。1925年に日活入社。大将軍撮影所で田坂具隆の助監督につく。1930年に『恋愛競技場』で監督デビューする。1935年に多摩川撮影所へ移る。1938年に東宝映画へ移籍する。1941年の『指導物語』以降、映画界から離れ、国粋主義思想団体「スメラ学塾」を作り、教祖に近い存在で、学塾内に劇団太陽座を結成する[2]。敗戦前に、九州独立運動を起こし、のち火野葦平の『革命前後』に描かれた[3]。1949年芸研プロを創立してプロデューサーとして活動する。1953年に『白魚』で12年ぶりに監督を務めた。

フィルモグラフィー[編集]

特記なき作品は監督のみ。

  • 玉を磨く(1931年)
  • 喜卦谷君に訊け(1932年)
  • さらば東京(1932年)
  • 三家庭(1934年) - 監督・脚本
  • 情熱の詩人琢木 ふるさと篇(1936年)
  • 蒼氓(1937年)
  • 阿部一族(1938年) - 監督・脚本
  • 上海陸戦隊(1939年)
  • 指導物語(1941年)
  • 東京の恋人(1952年) - 製作
  • 白魚(1953年) - 監督・脚本・製作
  • 美しき母(1955年)
  • かくて自由の鐘はなる(1954年) - 監督・脚本・製作
  • 柿の木のある家(1955年) - 製作
  • ノンちゃん雲に乗る(1955年) - 製作
  • 智恵子抄(1957年)
  • 密告者は誰か(1958年) - 監督・脚本

脚注[編集]

  1. ^ 熊谷久虎”. アテネ・フランセ文化センター. 2015年11月27日閲覧。
  2. ^ 本地陽彦『原節子・永遠の処女伝説』愛育社、2006、116p以降
  3. ^ 『原節子のすべて』新潮社、「西日本新聞」2012年12月9日「火野葦平の長編小説「革命前後」には… [1]

外部リンク[編集]