佐藤武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう たけし
佐藤 武
生年月日 (1903-04-13) 1903年4月13日
没年月日 (1978-12-08) 1978年12月8日(75歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京府荏原郡目黒村
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1932年 - 1957年
活動内容 1932年 松竹蒲田撮影所演出部
1938年 東宝映画東京撮影所で監督
1947年 新東宝設立に参加
1950年 独立し東宝作品を監督

佐藤 武(さとう たけし、1903年4月13日[1] - 1978年12月8日[2])は、日本の映画監督である。松竹蒲田撮影所から東宝映画、戦後の新東宝へと転身した。

人物・来歴[編集]

1903年(明治36年)4月13日東京府荏原郡目黒村(現在の東京都目黒区)に生まれる[1]

1932年(昭和7年)ころに、松竹キネマ松竹蒲田撮影所演出部に入社、清水宏、島津保次郎に師事する。同年、詳細不明の映画『かくて田園は輝く』で監督としてクレジットされているが、このころの佐藤は、サード助監督程度のランクにいた。

1938年(昭和13年)、東宝映画東宝映画東京撮影所に入社、『チョコレートと兵隊』で監督に昇進する。

第二次世界大戦終了後の1947年(昭和22年)、新東宝映画製作所(のちの新東宝)設立に参加、同社の初年度に『九十九人目の花嫁』を監督する。同社は翌年、新東宝となり、1949年(昭和24年)までに同社で4本を手がけるが、1950年(昭和25年)、独立し、1952年(昭和27年)までに東宝作品を4本監督する。1954年(昭和29年)には、新東宝作品を4本監督している。

1957年(昭和32年)、54歳になるころ、大映東京撮影所(現在の角川大映スタジオ)で今村貞雄が監督したドキュメンタリー映画『白い山脈』の編集にクレジットされて以降の消息はわからない。その後、1978年(昭和53年)12月8日に死去した[2]。満75歳没。

フィルモグラフィ[編集]

特記以外はすべて監督

松竹蒲田撮影所[編集]

東宝映画東京撮影所[編集]

新東宝[編集]

東宝[編集]

1952年以降[編集]

[編集]

  1. ^ a b 佐藤武キネマ旬報データベース、2009年9月16日閲覧。
  2. ^ a b 佐藤武日本映画監督協会、2009年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]