春琴抄 お琴と佐助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
春琴抄 お琴と佐助
監督 島津保次郎
脚本 島津保次郎
原作 谷崎潤一郎
出演者 田中絹代
高田浩吉
撮影 桑原昴
製作会社 松竹蒲田撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1935年6月15日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

春琴抄 お琴と佐助』(しゅんきんしょう おこととさすけ)は、1935年(昭和10年)6月15日公開の日本映画である。松竹キネマ製作・配給。監督は島津保次郎モノクロスタンダード、110分。

これまでに6度映画化された谷崎潤一郎中編小説春琴抄』の最初の映画化作品である。当時の人気スターである田中絹代高田浩吉の主演ということもあり、封切り2週続映の大ヒットを記録した[1]が、島津の演出は、所詮谷崎文学に肉薄し得ずと評され、批評家の北川冬彦と島津の間に激しい論戦が交わされた[2]。第12回キネマ旬報ベスト・テン第3位。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 永山武臣『松竹百十年史』、松竹、2006年、p.387
  2. ^ 田中純一郎日本映画発達史Ⅱ 無声からトーキーへ』、中央公論社、1980年、p.299

外部リンク[編集]