永山武臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

永山 武臣(ながやま たけおみ、1925年大正14年)8月30日[1] - 2006年平成18年)12月13日[2])は、日本の実業家松竹社長・会長[2]

経歴・人物[編集]

生まれや学歴など[編集]

東京出身[2]屯田兵設立の功労者である男爵永山武四郎の孫[3]。息子はフジテレビプロデューサー永山耕三[2]はじめ名を雅啓、武臣と改名[要出典]

学習院初等科高等科を卒業[1]。 京都帝国大学経済学部へ入学し[1]1948年(昭和23年)3月に[1]京都大学経済学部を卒業した[2]

2006年(平成18年)12月13日午前7時48分、急性白血病のため都内の病院で死去[2]。享年81歳[2]

法号は徳風院本壽日武大居士[要出典]

松竹入社と歌舞伎への関わり[編集]

大学在学中の1947年(昭和22年)10月に松竹に入社し、東京劇場監事室に配属された[1]

1951年(昭和26年)1月の東京・歌舞伎座の再開と同時にその監事室に配属され、松竹創業者の一人である大谷竹次郎の下で、同年に上演された「源氏物語」(9代目市川海老蔵(後の11代目市川團十郎)7代目尾上梅幸2代目尾上松緑ら)や6代目中村歌右衛門襲名披露興行など第2次世界大戦後初期の歌舞伎の代表的な公演に関わることになった[1]

1953年(昭和28年)12月に歌舞伎座で上演した「地獄変」(芥川龍之介原作)は、学習院初等科時代からの友人であった三島由紀夫に依頼して歌舞伎化をしたもので、「三島歌舞伎」と呼ばれるものの第1作となった[1]

1958年(昭和33年)7月に演劇部へ異動してプロデューサーとなり、正式に製作を担当するようになった[1]

歌舞伎の海外上演に早くから取り組み[2]1960年(昭和35年)に第1回の米国公演を行ったのを皮切りに[1]、翌年の1961年(昭和36年)にソビエト連邦共和国公演を行うなど[1]1960年代からを海外へ紹介して国際化を進めた[2]。 松竹は永山の存命中に33ケ国・延べ56回の歌舞伎海外公演を行ったが、そのうちの41公演に同行して陣頭指揮を執った[1]

また、国内でも東京・渋谷シアターコクーンの「コクーン歌舞伎」のほかにも、野田秀樹の「野田歌舞伎」や蜷川幸雄の「NINAGAWA十二夜」など現代演劇の演出家を起用した新たな「歌舞伎」にも挑戦させた[1]

こうした新たな取り組みの一方で、6代目中村歌右衛門達と共に古典歌舞伎の充実を図った[2]

また、歌舞伎俳優の大名跡の襲名を相次いで仕掛け[2]7代目尾上菊五郎1973年(昭和48年))[1]や「高麗屋三代」(1981年(昭和56年))[1]12代目市川團十郎1985年(昭和60年))[1]11代目市川海老蔵[1]4代目坂田藤十郎[1]18代目中村勘三郎などの襲名披露興行を指揮した[1]

さらに、1990年(平成2年)8月に歌舞伎座で納涼歌舞伎を復活させたのを皮切りに[1]、歌舞伎座を年間を通して歌舞伎上演を行う専用劇場化した[2]

演劇全般から経営陣へ[編集]

1966年(昭和41年)11月に演劇部長になり[1]1967年(昭和42年)10月に[1]42歳で演劇担当取締役に就任した[2]

そのため、歌舞伎以外だけでなく、1969年(昭和44年)にロックミュージカルヘアー」を上演したほか、1982年(昭和57年)には「アマデウス」の日本初演なども手がけるなど、ミュージカルや翻訳劇にも手を広げ、新派松竹新喜劇まで含めた幅広い分野の演劇の製作・興行に携わるようになった[1]

このように一貫して演劇畑を歩みながらも[2]1984年(昭和59年)5月に社長[1]1991年(平成3年)5月に会長に就任するなど松竹の経営陣の頂点に上り詰めた[1]

なお、社長への就任は当時の社長大谷隆三が放火騒動を起こし引責辞任したのに伴うものであり、1998年(平成10年)には奥山融社長と奥山和由専務を取締役会での決議で解任するなど、経営面では様々な騒動に遭遇している[要出典]

褒章・公職[編集]

1986年(昭和61年)に藍綬褒章を受章したのを皮切りに、1987年(昭和62年)に「真山青果賞」、1990年(平成2年)にパリ市ヴェルメーユ章と菊池寛賞1995年(平成7年)に文化功労者1999年(平成11年)にレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章と相次いで褒賞されている[1]

1998年(平成10年)から国際演劇協会日本センター会長となっていたほか[2]1994年(平成6年)10月9日から2001年(平成13年)1月5日まで郵政省郵政審議会委員を務めた[要出典]

永山の死後、彼の演劇界に於ける功労を多として、日本政府は永山武臣を従三位に叙し、旭日大綬章を授けた[4]

著書(監修)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 『訃報』 松竹、2006年12月15日。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “松竹会長の永山武臣さんが死去 戦後の歌舞伎界をリード”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2006年12月13日)
  3. ^ 武四郎長男永山武敏の四男。霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年、255-256頁。
  4. ^ 故・永山武臣会長に従三位旭日大綬章追贈 歌舞伎公式総合サイト「歌舞伎美人」ニュース 2007年1月16日付