真山青果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真山 青果
(まやま せいか)
Seika Mayama.jpg
誕生 1878年9月1日
宮城県仙台市
死没 (1948-03-25) 1948年3月25日(69歳没)
静岡県沼津市
墓地 日輪寺(東京都文京区)
職業 劇作家小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 戯曲小説
代表作 『南小泉村』(1912年)
『平将門』(1925年)
元禄忠臣蔵』(1925年 – 1941年)
主な受賞歴 野間文芸賞(1941年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

真山 青果(まやま せいか、旧字体:眞山 靑果1878年明治11年)9月1日 - 1948年昭和23年)3月25日)は、日本劇作家小説家。本名は、真山 彬(まやま あきら)。

宮城県仙台市裏五番町三番地に生まれる。父・寛は旧伊達藩士の士族で小学校の校長だった。第二高等学校医学部中退。

仙台市に近い農村を舞台とした農民文学の『南小泉村』(「新潮」1912年5月号)で注目された。

佐藤紅緑小栗風葉に師事。正宗白鳥と共に新進の自然主義作家として登場したが、極端な癇癖と原稿の二重売り事件で1911年に文壇からは一時遠のく。1919年、新派の座付作家として復活。『元禄忠臣蔵』は新歌舞伎の名作といわれる。ほかに『平将門』など多数がある。『随筆滝沢馬琴』は、初めて滝沢馬琴の全体像を捉えた評論である。井原西鶴の研究もある。

1942年帝国芸術院会員。心臓麻痺により疎開先の静岡県沼津市で急死、69歳だった。戒名は青果院殿機外文棟大居士[1]

演出家劇作家劇団新制作座を主宰する長女の真山美保は、歌舞伎関係者を対象に1982年から2001年まで真山青果賞を設けた。

作品[編集]

  • 『玄朴と長英』 「中央公論」1924年9月。1924年10月初演
  • 『江戸城総攻』1926年11月歌舞伎座初演 以後、3部作として『慶喜命乞』(33年11月)『将軍江戸を去る』(34年1月いずれも東京劇場初演)が制作された。
  • 『平将門』 「中央公論」1925年1月。1927年2月本郷座初演
  • 『頼朝の死』1932年4月歌舞伎座初演
  • 『小判拾壱両』 「演劇新潮」1926年5月。1934年5月帝国ホテル演芸場初演
  • 『大石最後の一日』 新歌舞伎書下ろし。1934年2月歌舞伎座初演
    以後、連作「元禄忠臣蔵」として計10編11作が制作された。
  • 『新門辰五郎』 「講談倶楽部」1939年5月 – 9月。

著書[編集]

  • 『青果集』 新潮社、1907年
  • 『壁上』 春陽堂、1909年
  • 『南小泉村』 今古堂、1909年、のち岩波文庫
  • 『夢』 新潮社、1909年
  • 『憂』 今古堂、1910年
  • 『元禄巷談』 新潮社、1910年
  • 『五人女』 新潮社、1910年
  • 『売女』 今古堂、1912年
  • 『不生女の一生』現代文芸叢書 第26編  春陽堂、1913年
  • 『焔の舞』 新潮社、1919年
  • 『銀籠』前編  玄文社、1920年
  • 『照る日の虹』 日本評論社出版部、1920年
  • 『椀屋久兵衛』 二松堂書店、1923年
  • 真山青果戯曲集』第1 - 3編  新潮社、1925年 - 1926年
  • 『江戸城総攻め』 春秋社、1926年
  • 『大塩平八郎』 新潮社、1927年
  • 『四十二年』 内外出版協会、1927年
  • 『償金四十万弗・仮名屋小梅』 南宋書院、1927年
  • 『鼠小僧次郎吉・桃中軒雲右衛門』 改造社、1927年 - 『桃中軒雲右衛門』は1936年に映画化(成瀬巳喜男監督)
  • 『明君行状記』 南宋書院、1927年
  • 『盲魚』 改造社、1928年
  • 『乃木将軍』戯曲  万里閣書房、1929年
  • 『江藤新平』戯曲集  改造社、1930年
  • 『随筆滝沢馬琴』 サイレン社、1935年、のち岩波文庫
  • 『仙台方言考』言語誌叢刊  刀江書院、1936年
  • 真山青果全集』全15巻  大日本雄弁会講談社、1940年 - 1942年
  • 『空閑少佐』 講談社、1942年
  • 真山青果選集』全6巻  大日本雄弁会講談社、1947年 - 1948年
  • 『西鶴語彙考証』第1  中央公論社、1948年
  • 『玄朴と長英』 岩波文庫、1952年
  • 真山青果随筆選集』全3巻  大日本雄弁会講談社、1952年
  • 真山青果全集』全18巻・補巻5・別巻2  講談社、1975年 - 1978年
  • 真山青果傑作選』全6巻  北洋社、1978年 - 1980年
  • 『元禄忠臣蔵』上下  岩波文庫、1982年

脚注[編集]

  1. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)303頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]