八木隆一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1948年

八木 隆一郎(やぎ りゅういちろう、1906年4月17日 - 1965年5月12日)は、日本の脚本家である。

人物・来歴[編集]

秋田県能代市出身。本名:八木財一郎。函館商業学校[1]。戦前は、プロレタリア演劇運動に身を投じ、左翼劇場、新築地劇団に所属[2]。その後、アイヌを題材にした『熊の唄」が井上正夫の演劇道場で上演され、後に映画化される[1]。戦時中から今井正監督とコンビを組んだ。戦後は新派新国劇向けの脚本を書き、映画やラジオドラマの脚本を手がけた。女優の八木昌子は実子。

受賞[編集]

主な著書[編集]

  • 『赤道』(天佑書房、1942年)
  • 『幻の宿』(蕗書房、1949年)
  • 『八木隆一郎ラジオ・ドラマ選集』(宝文館、1952年)
  • 大仏開眼』(三笠書房、1952年)
  • 『姉の言葉』(宝文館、1955年)
  • わが母は聖母なりき』(秋田書店、1969年)

主な映画作品[編集]

おもなテレビドラマ[編集]

出典[編集]