美しきロスマリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美しきロスマリン(Schön Rosmarin)は、フリッツ・クライスラー作曲した、ヴァイオリンピアノのための小作品。

4分の3拍子。ト長調。簡単な三部形式。『愛の喜び』・『愛の悲しみ』と一連の作品として演奏会に取り上げられる。

Grazioso

主題は、主和音アルペジョ半音階スピカートを組み合わせた軽快なもの。

中間には、ヘミオラを活用してリズムに変化をつける。また、主題は、特段変奏もなく数回繰り返されており、時間調整も容易。リサイタル最後のアンコールピースとして適している。