練馬区立石神井中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
練馬区立石神井中学校
過去の名称 板橋区立石神井中学校
国公私立 公立学校
設置者 練馬区
設立年月日 1947年
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 177-0045
東京都練馬区石神井台1丁目32-1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

練馬区立石神井中学校(ねりまくりつ しゃくじいちゅうがっこう)は、東京都練馬区にある公立の中学校である。現地では主に「石中(しゃくちゅう)」の略称で呼ばれる。

概要[編集]

生徒は主に石神井東小学校谷原小学校大泉東小学校光和小学校の出身者であるが、平成16年度より練馬区内で始まった学校選択制により、区内の遠方から通学している生徒もいる。区内でも有数の大規模校であり、生徒数は大泉中に次いで区内で2番目に多く、東京都内でも10番目に位置する。
これまでに卒業した生徒は14,000人を超える。
教育評論家の尾木直樹が教鞭をとっていた。

歴史[編集]

部活動[編集]

野球部(男子のみ) サッカー部 男子軟式テニス部 女子軟式テニス部 男子バスケットボール部 女子バスケットボール部 女子バレーボール部 陸上競技部 卓球部 吹奏楽部 演劇部 アート部 陸上部 バドミントン部 家庭部 剣道部

PTA[編集]

親父の会と呼ばれる父親達だけで運営されている団体がある。毎年石神井公園で行われる照姫祭などに出店して(フランクフルトの販売など)、学校と地域との繋がりを大切にしている。また、その売り上げは中学校で必要な物を買う時などに使われる。

著名な出身者[編集]

教師[編集]

  • 尾木直樹(教育評論家、1993年まで教師として勤務)

卒業生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 俺の中学校卒業文集より”. 川﨑麻世オフィシャルブログ『麻世仲の猫たち』 (2011年4月14日). 2014年9月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]