比田井天来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

比田井天来(ひだい てんらい、1872年3月2日明治5年1月23日) - 1939年1月4日)は、日本書道家。「現代書道の父」と呼ばれる。本名・。雅号は天来、別号の画沙(かくさ)、大朴(たいぼく)も用いる。

人物[編集]

長野県北佐久郡片倉村(現・佐久市)出身。古碑法帖を多角的に研究し、古典臨書の新分野を開拓し、その集大成として『学書筌蹄』がある。俯仰法の解明をし、剛毛筆を使用して古典を分解再構築し、新しい造形世界を展開したその活動は、近代日本の書道界において新境地であったとされる。

略歴[編集]

家族[編集]

家族はほとんど書道絵画芸術に携わっている。

主な門下生[編集]

軌跡[編集]

天来記念館

生地の佐久市望月には、天来ゆかりの場所として、日本初の書道専門美術館「天来記念館」や、天来の生家の裏山に建設された「天来自然公園」がある。

天来自然公園には、天来や妻・小琴、子息・南谷をはじめとして、その他門下生の作品の碑が立ち並んでいる。

石碑も多くを手がけ、現在全国に35基程を確認できる[1]

脚註[編集]

  1. ^ 林淳『近世・近代の著名書家による石碑集成-日下部鳴鶴・巌谷一六・金井金洞ら28名1500基-』収録「比田井天来石碑一覧表」(勝山城博物館 2017年)

関連項目[編集]