勤労者音楽協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

勤労者音楽協議会(きんろうしゃおんがくきょうぎかい)は、会員制を基本に運営される日本の音楽鑑賞団体。通称は労音(ろうおん)。

1960年代半ばには、192の地域組織が存在し、60万人を超える組織となったが、その後、急速に衰退した。現在では、各地に「勤労者音楽協議会」の名称だけでなく、「音楽鑑賞協会」「音楽鑑賞会」「新音楽協会」「コンサート協会」などの名称の40余りの組織が存在し、会員数万人の全国的なネットワークとして、「全国労音連絡会議」が存在する。

組織の盛衰[編集]

起源[編集]

起源となるのは、職場の合唱団軽音楽団などで構成される「関西自立楽団協議会」[1]の主唱によって1949年11月に大阪で結成された「関西勤労者音楽協議会」。結成時の会員は467人。初代会長は宝塚歌劇団の音楽監督で労働組合委員長だった須藤五郎。「良い音楽を安く」がスローガンといわれる。第1回例会は中之島朝日会館1926年開館)で開催された。

組織の拡大[編集]

各地で次々と地域単位の組織が結成されていった。1950年8月6日、京都勤労者音楽協議会第1回例会[2]1952年に発足した横浜労音は1954年には1万人を越える組織となった[3]

1953年、東京労音結成。

1954年、姫路労音が姫路音楽文化協会を母体に、全国で11番目の労音として発足[4]

1955年10月15日10月17日芥川也寸志指揮・東京交響楽団の両国国際スタジアムでのあわせて4公演(東京労音主催)で、のべ4万人近くを動員した[5]

1955年、第1回全国労音連絡会議が開催(地域労音20、会員数13万人となる)[6]。 

1956年11月、福井市に福井労音が誕生[7]

1957年9月、函館労音が結成[8]

1959年、77労音、会員32万人、1965年には192労音、会員65万人を超す巨大組織に成長[9]

衰退と再生[編集]

1970年代の初頭には、大阪労音も含め、大都市の労音は衰退した。その一方、大都市から離れた地方都市では、1000人から1800人前後を収容するような公共ホールができた1980年代以降のバブル時に初めて設立された地方組織も少なくない。一度労音が崩壊した後にまったく別のかたちでつくられた例もある[10]。全体的な後退のなかでも、兵庫県西部(播磨)地域のように、1960年代の隆盛期と比べても組織を拡大させた地域もある[4]

類似の鑑賞組織の発足[編集]

労音が急成長していた1960年代の半ばには、音楽に対する要求を吸い上げるかたちで、企業や宗教団体が支援して、受け皿となる類似の鑑賞組織がつくられた。1963年4月1日日本経済団体連合会日本商工会議所など産業界が東京音協(東京音楽文化協会)を設立し、1964年には各地の音協によって、全国文化団体連盟(全文連)を結成。民主音楽協会(民音)は、創価学会池田大作会長の呼びかけで1963年10月18日に創立されている。こうした類似組織の発足も労音の衰退の一因とされる[9]

評価[編集]

東京労音は、もともと1955年7月17日結成された日本労働組合総評議会日本教職員組合といった日本社会党の影響力の強い団体が中心の国民文化会議の構成団体であった[11]

組織が拡大していくにつれて、全国の労音が日本共産党や左派労働組合の拠点とみなされ、音楽業界全体に特定の党派の路線を持込んだと批判をされるようになった[12]

その一方で、後継の会員制音楽鑑賞組織の先駆となるシステムを確立し、一時期、オーケストラや歌劇団、ジャズミュージシャン、フォークシンガーらの活動を支え、各地に交響楽団や合唱団を設立した[13]。また、音協や民音などで頻繁にコンサートを開催している音楽家たちも、労音との関係を維持したケースも少なくない[14]

日本共産党との関係[編集]

労音の役員が日本共産党文化後援会の代表委員を務めたことがある[15]。近年の日本共産党の党大会に祝電・メッセージを寄せた団体・個人[16]のリストに全国労音連絡会議の名前が掲載されている。

メジャーな歌手、著名人との関わり[編集]

隆盛期の当時、大手レコード会社からデビューし、ラジオ・テレビなどに出演していた歌手たちも労音の例会でコンサートを開いている。ペギー葉山草笛光子ら労音のミュージカルに出演した歌手・俳優らもいる。

坂本九の「見上げてごらん夜の星を」は、大阪労音のミュージカルから生まれた歌であり、雪村いづみの「約束」(藤田敏雄作詞、前田憲男作曲)も大阪労音のスデージが初演とされている。

大阪労音のブレーンとしてミュージカルの歌詞や台本を執筆していたスタッフのなかに五木寛之藤田敏雄寺山修司がいた。五木は労音のような組織が主催するコンサートを主題にして小説「闇からの声」を書いている。なかにし礼も労音「ザ・ピーナッツ・ショー」を構成・演出している[17]

1967年、大阪労音制作「大日本演歌党」(バーブ佐竹主演、大阪劇場)を川内康範竹中労が共同演出[18]

音楽評論家で「ニューミュージックマガジン」を創刊した中村とうようは大阪労音のブレーンの一人で、黒人ブルースを紹介するために公演の司会役も務めていた。同誌創刊時スタッフだった田川律、「プレイガイドジャーナル」を創刊した村元武ももともと大阪労音の事務局にいた。

オペラ、ミュージカルへの貢献[編集]

関西では、オペラ上演、創作ミュージカルも労音が手がけるようになり、クラシックコンサートの多くが労音の手によるものになっていった。

関西のオペラシーンでは、大阪労音が朝日放送の後援を得て、1955年團伊玖磨作曲のオペラ「聴耳頭巾」木下順二作(指揮・團伊玖磨、二期会関西交響楽団)を宝塚大劇場で開催するなど大きな役割を果たしていた[19]

関西の労音が主催するオペラ公演は、2週間から1ヶ月にも及ぶもので、「椿姫」「カルメン」「魔笛」「フィガロの結婚」「蝶々夫人」などを安く鑑賞することができた[20]。労音は、甲子園球場大阪球場で野外オペラ「アイーダ」を上演[21]

これらは、大阪労音を中心とする全国の労音組織の安定した動員力を背景としたものでもあった。

1958年、大阪労音の依頼を受けた、藤田敏雄は、ペギー葉山主演の一人ミュージカル『あなたのために歌うジョニー!』(飯田三郎・音楽、藤田敏雄・台本)を作詞・演出した。ペギー葉山はこれによって、文部省芸術祭個人奨励賞を受賞。

続いて、東京労音でも、『可愛い女』(1959年黛敏郎・音楽、安部公房・台本)のミュージカルを制作・上演。

続いて、大阪労音で『見上げてごらん夜の星を』(1960年いずみたく・音楽、永六輔・台本)が上演され、後に、坂本九が主題歌を歌い、映画化もされるブームをつくった[22]

1961年7月、大阪労音ミュージカル『歯車の中で』(永六輔・作、青山圭男・演出、芥川也寸志・作曲、草笛光子立川澄人沢たまきら出演、大阪フィルハーモニー交響楽団演奏)は、大阪フェスティバルホールで1ヶ月間の公演を行い、東芝音楽工業から日本ミュージカル史上初のLPレコードをリリースする[23]。(JSP-1023 1963.3.5発売)

関連する合唱団、オーケストラ[編集]

一流の演奏を聴いて感動した労音の会員のなかから、合唱団やオーケストラが各地に生まれた。その多くが労音から独立し、現在は別個の存在として活動。また、友好関係を維持しているケースもある。

1951年、神戸労音合唱団発足、その後1971年神戸フロイデ合唱団と改称。

1955年、「東京労音アンサンブル」結成。芥川也寸志が指揮者になり、翌年「東京労音新交響楽団」を設立。1966年東京労音から独立し、「新交響楽団」となる。

1957年9月、東京労音楽典講座修了生による合唱団を解散した日に「大久保混声合唱団」結成。

1961年1月、新交響吹奏楽団が東京労音の演奏サークルを中心に結成。1966年3月、東京労音より独立。

1962年、大阪労音ジャズオーケストラ結成、1969年6月解散。1970年7月に有志により再結成、復活。 1984年、大阪レイカーズジャズオーケストラと改称[24]

関西フォーク、フォークブームとの関係[編集]

関西フォークと東京のフォークのブームの1960年代の半ばから末にかけて、労音の会員のなかから大阪・名古屋などに労音フォークソング研究会といったサークルが結成され、活動していた。

高石ともやは、1966年9月19日のサンケイホールでの大阪労音フォーク・ソング愛好会のコンサートが初ステージとなり、デビューした。

全日本フォークジャンボリーは、中津川労音事務局長の笠木透や事務局次長の安保洋勝が企画したものだった[25]

1969年9月23日岡林信康が東京労音公演を前に失踪する[26]

同年、高石ともや[27]、「五つの赤い風船」などが労音の例会コンサートを中心にツアーに回っている[28]

労音とその関係団体をモデルした作品[編集]

  • 小説『仮装集団』(1967年文藝春秋) -山崎豊子の小説。勤労者音楽同盟(勤音)という労音を彷彿させる団体が舞台。山崎豊子は実在の企業や人物をモデルに小説を書くことで有名だが、作者自身は本作でのモデルの存在を否定している。テレビドラマ化・映画化がされておらず、他の作品ほど注目されていない。
  • 映画『俺たちの交響楽』(1979年松竹) - 朝間義隆の第一回監督作品。モデルは川崎労音合唱団「エゴラド」。クライマックスシーンとなる「第九交響曲」演奏会シーンは、川崎産業文化会館にて団員の協力出演のもと、撮影している。

[編集]

  1. ^ 「関西自立楽団協議会」とは、第1回「働く人々の音楽祭」(日本現代音楽協会主催・日本民主主義文化連盟後援、1946年8月30日)をきっかけに1947年3月に結成された自立楽団協議会の地方組織のひとつ。「関西勤労者音楽協議会」の他に、関東自立楽団協議会等も活動していた。
  2. ^ 京都戦後労働運動年表
  3. ^ 横浜の音楽文化を支えた神奈川県立音楽堂の50年を顧みてクラシック・ニュースサイト内
  4. ^ a b 2002年10月25日・異彩放つ播磨の勤労者音楽協議会神戸新聞サイト内
  5. ^ 1955年、芥川也寸志監修・東京勤労者音楽協議会編『森の歌』演奏会パンフ)
  6. ^ うたごえ年表(1950年代)
  7. ^ 4 労働運動の展開図説 福井県史 福井県庁サイト内
  8. ^ コラム30「うたごえ運動」の隆盛 函館トロイカ合唱団と「労音」『函館市史』デジタル版
  9. ^ a b 労音の歴史と実績埼玉音楽鑑賞協議会サイト内
  10. ^ 1992年設立のひろしま音楽鑑賞協会など
  11. ^ 大原クロニカ『社会・労働運動大年表』解説編大原デジタルライブラリー
  12. ^ 労音を警戒する観点から、「労音−その巨大な翼に征服される音楽」(『芸術新潮』155号、1962年11月号)といった記事が書かれ、労音などをモデルにした山崎豊子の小説『仮装集団』(1967年、文藝春秋) 、『恐るべき労音(50万仮装集団の内幕)』(思想運動研究会・編、全貌社1967年)などが出版されている。また、『池田大作の軌跡 Ⅳ 世界が見た真実』(「池田大作の軌跡」編纂委員会著、潮出版社、2009年)によれば、芥川也寸志は、「読売新聞」1966年3月16日付・3月18日付で、労音の幹部が共産党の文化路線のもとに音楽よりも政治的意識の普及を優先させているとの主旨で批判したとされる。
  13. ^ 50年のあゆみNPO法人関西芸術振興会サイト内
  14. ^ 佐良直美、一時の雪村いづみ
  15. ^ 歴代の代表委員日本共産党文化後援会サイト
  16. ^ 日本共産党第23回大会にメッセージ・祝電をよせた団体・個人日本共産党第24回大会に祝電・メッセージを寄せた団体・個人
  17. ^ なかにし礼年譜なかにし礼オフィシャルサイト
  18. ^ 竹中労年譜
  19. ^ 主な日本人作品100(1952~2003) 昭和音楽大学舞台芸術センター オペラ研究所サイト内
  20. ^ (その8)日本の戦後のオペラとオペラ「沈黙」について磯城島綜藝堂サイト
  21. ^ 50年のあゆみ関西歌劇団サイト
  22. ^ 見上げてごらん夜の星をの項目参照
  23. ^ Jazz & Hobby.半間巖一
  24. ^ about ORJO大阪レイカーズジャズオーケストラサイト内
  25. ^ 【エリア特集】2009年8月12日 中津川フォークジャンボリーが40年ぶりに復活 フェスバブルと言われる21世紀に、どんな輝きを放ったのかサカエ経済新聞サイト内
  26. ^ 遠藤賢司の1969年《昭和44年》
  27. ^ URC:ムーヴメントとしてのフォークを実践した インディペンデント・レーベル(WEB版)|批評.COM篠原章
  28. ^ 「五つの赤い風船」小史「五つの赤い風船」サイト内

外部リンク[編集]