田中希代子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 希代子
生誕 1932年2月5日
出身地 日本の旗 日本 東京府
死没 (1996-02-26) 1996年2月26日(64歳没)
学歴 旧制東京女子高等師範学校附属女学校中退
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
ピアノ教育者
担当楽器 ピアノ
活動期間 1948年 - 1970年

田中 希代子(たなか きよこ、1932年2月5日 - 1996年2月26日)は、戦後昭和時代に活躍した日本ピアニスト、ピアノ教育者。

田中は、ジュネーヴ国際音楽コンクール第14回1952年)、ロン=ティボー国際コンクール第5回1953年)、ショパン国際ピアノコンクール第5回1955年[1]の3つの国際コンクールの日本人初入賞者として知られる。

30歳代後半に難病により引退したが、その後は後進の育成に努めた。また、現役時代から当時の皇太子妃(現美智子皇后)から慕われたピアニストとしても知られる。

略歴[編集]

生い立ち~留学まで[編集]

留学~ヨーロッパデビュー[編集]

全盛期~発病・引退[編集]

  • 1955年、第5回ショパン国際ピアノコンクール10位(日本人初の入賞)[1]。3つの国際コンクールに入賞したのも日本人初。前回混戦だったことからこの年初めて採用された点数計算機によれば、1次予選では5位、2次は19位、3次で6位だった。この年のショパンコンクールも大激戦の様相を呈し、特に上位10人はほぼ横並びに等しく、1位のアダム・ハラシェヴィチポーランド)と2位のウラディーミル・アシュケナージソ連)の差はわずか0.1ポイントで、1位と10位の差も7.6ポイントしか開いていなかった。そのため、審査員だったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが、ハラシェヴィチの1位に異論を唱え、アシュケナージが2位で田中が10位という結果に憤慨し、どちらの認定書にもサインを拒否して退席してしまっていたことが、1989年9月、ワルシャワの新聞「エクスプレス」によって、異例の全段写真付きで明らかにされた。同年日本に凱旋帰国し、日比谷公会堂でコンサートを開いた。
  • 1956年作曲家宍戸睦郎と結婚するも、お互い多忙の為すれ違いが続き、1959年に離婚(その後も音楽仲間として交流を続けた)。その後もパリ(1959年まで)やウィーン1960年から)を拠点にヨーロッパから南米まで幅広い演奏活動を続ける。
  • 1960年代初めの頃、一時帰国した際聖心女子大学に招かれ当時の皇太子妃(現皇后美智子)の前で演奏。皇太子妃はとても感動し、演奏後に歓談。その際撮られたツーショット写真を田中は宝として、亡くなるまで自分のピアノの上に飾り続けたという。
  • 1966年、弟千香士がNHK交響楽団のコンサートマスターに就任し、6月13日東京文化会館で記念の共演ライヴを行った。
  • 1967年12月、一時帰国のつもりで帰国するが、その後体調を崩し、年末年始ヨーロッパコンサートツアーをキャンセル。手の指が開かなくなり、関節が痛み、高熱が続く。病院では過労による急性肝機能障害と診断。すぐに治るものと思い、1968年から東京に演奏活動の拠点を置くが、長期間の投薬治療にも症状は好転せず、度重なる検査の結果、難病の膠原病と診断され、演奏活動が困難になる。それでもマッサージをしたり、手に直接鎮痛剤を打ちながらコンサートを続けていたが、1968年3月、京都市交響楽団との協演で、ショパンピアノ協奏曲第1番を演奏した際、第1楽章コーダに入るところで痛みの為に止まってしまい、あっと小さな声をあげて弾き直しをするという事態になり、これがオーケストラと協演した最後のステージとなった。その後も病は進行し、様々な療法を試みるも症状は悪化の一途をたどり、ついに1970年日生劇場で最後のリサイタルを開き、完全に演奏活動を引退した。同年、父詠人が死去。

引退後~晩年[編集]

  • その後は国立音楽大学1973年より)、桐朋学園大学1977年より)等で教鞭をとる。
  • 1980年、膠原病治療のための副作用のため脳梗塞で倒れ、右半身不随になる。
  • 1987年、記念レコード発売。
  • 1989年2月19日午後8時から1時間、TBSラジオ制作『「夜明けのショパン」~よみがえる天才ピアニスト田中希代子~』が放送された。この放送が第15回放送文化基金賞・奨励賞を受賞(なおこの時、昭和天皇崩御の直後の多忙で聴くことのできなかった新皇后美智子が、放送後テープを聴きたいと申し出て、スタッフがテープを送ったところ、田中へのお見舞の言葉とスタッフへの感謝の言葉が届けられた)。
  • 1993年新日鉄音楽賞・特別賞を受賞。
  • 1996年2月22日、都内の自宅で脳内出血に倒れているところを、レッスンを受けに来た門下生が発見。26日午前、搬送先である練馬区内の病院で死去。享年64。田中の死去に際し、皇后美智子は、自ら庭で摘んだ草花で作った花束を、「希代子さんの演奏は、私の心の支えでした」というコメントとともに捧げ、深い悲しみを表した。

没後[編集]

海外での演奏活動が長かった為、海外のほうが知名度は高く、現在でも「東洋の奇跡」と呼ばれ、支持を得ている[2]

国内での田中の認知度が下がるきっかけの一つとなったのが、田中が引退を余儀なくされたのと前後してはなやかに登場した中村紘子が多くの聴衆の支持を獲得したことである。奇しくも中村は、一時期田中が師事した井口の妹である井口愛子に学んだ経歴を持つ。また中村が、1965年の第7回ショパンコンクールで第4位入賞[3]したのち、自分がショパンコンクールの日本人初入賞者であると言い続けてきたたことにより、本当の初入賞者である田中の存在[1]がないがしろにされ、国内での印象が希薄になってしまったといわれる(なお、中村は現在も自身のホームページのプロフィール[4]

田中は生前「自分は過去の人間だから」と音源の復刻に消極的だったが、1996年山野楽器から記念CDが発売されたことで再び認知されはじめ、2005年1月に音楽評論家萩谷由喜子が『田中希代子―夜明けのピアニスト』を出版した。キングレコード2006年2月22日に田中の没後10年特別企画として2枚組CDを発売。翌2007年にも次々と音源を復刻した。

録音[編集]

幅広いレパートリーを持ち世界中で年間120回を超すコンサートをこなす、文字通り日本の音楽界の大スターとなった田中であったが、積極的に演奏活動を展開した反面、レコード会社に遺した正規録音は少ない。東芝レコードのピアノ小品集と、キングレコードドビュッシー作品集、モーツァルトピアノソナタ第11番コロムビア・レコードソナチネ集など、全て合わせても僅か200分足らず(CD約2枚半相当)である。放送用音源録音も、特にピアノ協奏曲では、現存が確認されているスタジオ収録のものは、発病の僅か半年前の1967年5月に東ドイツで収録されたモーツァルトの24番クルト・マズア指揮ベルリン放送交響楽団)のただ一曲のみ[5]で、現在復刻発売されている音源の大半が、ライヴで録音されたものか、NHKやヨーロッパの放送局に残された放送用音源である。このうちキングレコードに遺したドビュッシー作品集(1961年、ステレオ)は絶品中の絶品と評価され、「月の光」、「亜麻色の髪の乙女」は胎教をテーマとするアルバムに度々採用されているほか、亜麻色の髪の乙女はテレビアニメーション「彼氏彼女の事情」のBGMにも使用された。このドビュッシー作品集はモーツァルトのピアノソナタ第11番の録音とともに文部省改訂学習指導要領準拠の中学校音楽科鑑賞教材に指定されている。[要出典]

人物像[編集]

幼い頃のあだ名は「タアチン」、好きな色は緑色レモンティーが大好物であった。尊敬していたピアニストはクララ・ハスキルヴィルヘルム・バックハウス。子どもの頃から運動神経は抜群で、特に縄跳びが得意だった。

少女時代は恥ずかしがりやで、クラスメイト達にピアノの披露をせがまれると、「そこで死んだふりしてて」と言って目を閉じてもらったうえで披露したという。

パリでの師であるレヴィは、田中の演奏に感動し、初めて演奏を聴いた第一声は「トレビアン!」だったという。彼は、安川に宛てた手紙で、彼女の演奏を「深みがあり、幽玄である。降参だ」と賞賛している。また、中村紘子は田中の演奏を力強く情熱的な演奏だったと回想している。

日本の代表的な音楽評論家であった野村光一は、著書『ピアニスト』(1973年)で安川加壽子、井口基成、柳川守とともに田中を日本を代表するピアニストとして挙げている。

朝吹登水子はパリで田中の演奏に触れ、のちに自伝的小説『もうひとつの愛』で「杉本明子」として登場させており、「繊細な感受性をその華奢な体から放出しており、美しい白い指をしていた」と述べている。

演奏スタイル[編集]

テンポはほとんど揺らさず、速い曲ではとことん速目のテンポだが、表情豊かで、かつどんなに速くても一音一音がはっきりと聞き取れるほど正確な打鍵が高い評価を受けていた。

また、田中は「音楽は自己表現」と考え、特にこれといって奏法にはこだわらず、人によって指の長さや太さ、重みなど全てが違うということに着目し、「どのような弾き方か」ではなく、「どのような音で表現するか」に重きを置くという独自の演奏スタイルを貫き、表現力重視のピアニストのさきがけとなった(当時の音楽界は奏法を重視する世界だった)。「ある程度の基礎は必要だが、結局はそれ以上のことを自分が見つけて行くことが重要」とも述べている。独自の運指法も門下生に評判だった。

弟子への教え[編集]

極限まで耳を澄まし、自分の出した音を確認しながら弾く」ということ。

レッスンは、田中が実演が不可能な為、口頭のみで行われたこともあり、その深い内容を理解し把握するには大変な集中力を要求されたという。

「小さい子は見ない」という田中が例外的に9歳の頃から時折レッスンをつけていたという愛弟子・田部京子は「先生は、お弾きにならないにもかかわらず、楽譜に指づかいをサーッと流れるように書いてくださるのですが、それは普通ではとても思いつかないようなものでした。でも、その通りに弾いていくうちに、やがて研究し尽くされたベストな指づかいであることが実感されてくるのです」[要出典]と語っている。また、ある音から次の音へ移る間、前の音が消えてしまうぐらい遅いテンポで弾く練習をしたことも忘れがたいという。

門下生[編集]

  • 井出久美子
  • 岩野めぐみ
  • 小賀野久美
  • 河地恵理子
  • 菊池洋子
  • 小山恵
  • 坂野伊都子
  • 佐久間ちさ
  • 佐藤裕子
  • 志賀雅子
  • 鈴木謙一郎
  • 田部京子
  • 田村明子
  • 戸田洋子[6]
  • 永田郁代
  • 林田賢
  • 福田伸光
  • 増田優子
  • 三界晶子
  • 吉澤京子
  • 吉野康弘
  • 米倉邦子
  • 米持隆之
  • 渡辺啓美
  • Amy M suzuki

脚注[編集]

  1. ^ a b c Chopin Competition 2015 – 17th International Fryderyk Chopin Piano Competition > 5TH INTERNATIONAL FRYDERYK CHOPIN PIANO COMPETITION
  2. ^ 田中希代子~東洋の奇蹟~(ショパン:ピアノ協奏曲第1番、他)(2CD)”. HMV. 2014年12月13日閲覧。など。
  3. ^ Chopin Competition 2015 – 17th International Fryderyk Chopin Piano Competition > 7TH INTERNATIONAL FRYDERYK CHOPIN PIANO COMPETITION
  4. ^ 田中希代子を語る:『祭り』と『音楽』は浜松の誇り”. 祭りと音楽は浜松の誇り. 2015年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月6日閲覧。
  5. ^ 市販はされていないが、1961年に元夫・宍戸睦郎によって作曲された『ピアノと打楽器群と管弦楽のためのピアノ協奏曲』が文化庁芸術祭奨励賞を受賞したことで、1964年、森正指揮のもと、田中がピアノを担当し、ニッポン放送10周年記念レコードとして関係者に配布された。
  6. ^ Pianist Yoko Toda

関連項目[編集]

外部リンク[編集]