クララ・ハスキル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クララ・ハスキル
Clara Haskil
Clara Haskil fiatalon.jpg
基本情報
生誕 1895年1月7日
ルーマニア王国の旗 ルーマニア王国 ブカレスト
死没 (1960-12-07) 1960年12月7日(満65歳没)
ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
ジャンル クラシック音楽
古典派音楽
ロマン派音楽
室内楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

クララ・ハスキルClara Haskil, 1895年1月7日 - 1960年12月7日)は、ルーマニア王国 (現:ルーマニア)出身のピアニスト古典派初期ロマン派のレパートリーで名高く、とりわけモーツァルト作品の録音と演奏で著名。当時の最も秀でたモーツァルト弾きとの異名もとる。ほかにスカルラッティベートーヴェンシューマンの解釈にも卓越したものがある。室内楽奏者としても活躍し、ジョルジュ・エネスコウジェーヌ・イザイパブロ・カザルスと共演した。とりわけアルテュール・グリュミオーの共演者として名高い。

生涯[編集]

ブカレストに生まれ、ウィーンでリヒャルト・ローベルトに師事。したがって、ルドルフ・ゼルキンジョージ・セルと同門になる。その後に短期間フェルッチョ・ブゾーニにも師事。10歳でパリ音楽院に入学。公式にはアルフレッド・コルトーに入門したことになっているが、実際にはほとんどの指導をラザール・レヴィやジロー=ルタルズ夫人に受けた。15歳で最優秀賞を得て卒業し、間もなくヨーロッパ各地に演奏旅行に向かう。1913年に、脊柱側湾の徴候の機先を制するべくギプスをはめるようになる。頻繁な病気に加えて、1920年には舞台負けが極端になり、好意的な批評を受けられず経済的にも失敗する。生涯の大半を清貧のうちに過ごし、正当な評価を勝ち得るようになったのは、ようやく第二次世界大戦後、1949年オランダにおける一連の演奏会を通じてであった。

前半生においてはフランスを活動の拠点としていたが、ユダヤ系であったため、ヴィシー政府におけるナチス・ドイツ軍の跳梁跋扈を避けてスイスに出国。戦後もスイスとオランダを拠点とするようになった。

1950年を境に脚光を浴び始める。カラヤンを始めとする著名な指揮者や、またカザルスチャップリンとの交友にも恵まれ、フランスを始めとするヨーロッパ諸国での演奏活動も、熱狂的な聴衆に支持されるようになった。しかし、生まれつき虚弱体質であり、社交的な性格でもなかったため、他の同時代の演奏家に比べて活動が活発だったとはいえない[独自研究?]

ピアニストとしては、純粋な音色や、ヴァイオリンの演奏力に由来するらしいフレージングに特徴がある。また透明感や、霊感に満ちた感受性が、ハスキルの演奏様式のもうひとつの特色となっている[独自研究?]

ブリュッセルの駅で転落した際に負った怪我がもとで急死した。その翌日にグリュミオーと演奏会で共演することになっていた。パリモンパルナスに埋葬されている。

スイスでは遺功を偲んで、1963年より「クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクール」が開かれている。

参考文献[編集]