秋山光和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

秋山 光和(あきやま てるかず、1918年5月17日 - 2009年3月10日)は、日本の美術史学者、東京大学名誉教授。日本美術史専攻。

来歴[編集]

東京生まれ。父は金沢美術工芸大学学長の美術史家・秋山光夫、母は堀口大學の妹・花枝。1941年、東京帝国大学美術史科卒業、同年、文部省美術研究所嘱託、のち戦争のため徴兵され従軍、戦後、東京国立博物館研究員を経て、1950年、フランス留学、1952年、東京国立文化財研究所勤務、1953年、研究班による「光学的方法による絵画の研究」を出版、1955年には田中一松らとの共著「光学的方法による古美術品の研究」を刊行、1959年、フランス芸術文化勲章(シュヴァリエ)受章。1960年、同(オフィシエ)受章。1967年、『平安時代世俗画の研究』で日本学士院賞受賞、東京大学文学部助教授、1969年、教授、1979年、定年退官、学習院大学教授を務める。1985年、人文系学者として日本初のフランス学士院会員となり、1988年、ロイヤル・アカデミー客員会員。1991年、勲三等旭日中綬章受章。1998年、フランス政府レジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)、同芸術文化勲章(コマンドール)受章。2009年3月10日、老衰のため90歳で死去。

1969年「平安時代世俗画の研究」で東京大学文学博士[1]

長男も美術史専攻・お茶の水女子大学教授の秋山光文。妻は前田青邨の三女[2]。秋山は青邨の画業が後世に残るよう美術史家の立場で纏めることとなった。

著書[編集]

図録解説[編集]

  • 世界の美術館14 ギメ東洋美術館 講談社 1968
  • 世界美術全集5 日本 角川書店 1968
  • 新修日本絵巻物全集2 源氏物語絵巻 角川書店 1975
  • 日本の美術10 絵巻物 小学館 1975、新版1982
  • 原色日本の美術8 絵巻物 小学館 1978、改訂版1982
  • 平治物語丸善 2002

共編著[編集]

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 『秋山光和博士古稀記念美術史論文集』 (便利堂 1991)

回想記[編集]

  • 東方学回想 Ⅷ  学問の思い出〈3〉』(刀水書房、2000)。門下生達との座談会での回想、年譜書誌も記載。

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 『人事興信録』1995年