田中一松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 一松(たなか いちまつ、1895年12月23日 - 1983年4月19日)は、日本の美術史家。

来歴[編集]

山形県鶴岡市出身。東京帝国大学卒。1924年東京帝室博物館(現東京国立博物館)勤務、文化財の調査研究・保護にあたる。53年東京国立文化財研究所長。65年退任、国華社主幹。トキワ松学園女子短期大学の学長も歴任。

著書[編集]

  • 日本美術史を語る 1956 (学生社新書)
  • 絵巻物 1956 (講談社版アート・ブックス)
  • 日本絵画史の展望 美術出版社 1958
  • 日本絵画史論集 中央公論美術出版 1966
  • 日本の美術 第12 周文から雪舟平凡社 1969
  • 日本の美術 13 水墨画 小学館 1972 (ブック・オブ・ブックス)
  • 田中一松絵画史論集 中央公論美術出版 1985-86

共著編[編集]

参考[編集]

  • 日本人名大辞典

外部リンク[編集]