琳派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
俵屋宗達 風神雷神図

琳派(りんぱ)とは、桃山時代後期に興り近代まで活躍した、同傾向の表現手法を用いる造形芸術上の流派、または美術家工芸家らやその作品を指す名称である。本阿弥光悦俵屋宗達が創始し、尾形光琳乾山兄弟によって発展、酒井抱一鈴木其一江戸に定着させた。

概略[編集]

大和絵伝統を基盤として、豊かな装飾性・デザイン性をもち、絵画を中心として工芸を統括する総合性、家系ではなく私淑による断続的な継承、などが特質として挙げられる。光琳が宗達に、抱一が光琳にそれぞれ傾倒し、その影響を受けている。狩野派円山・四条派といった他の江戸時代の流派は、模写を通じて直接から画技を学んだのに対し、琳派では時間や場所、身分が遠く離れた人々によって受け継がれたのは、他に類を見ない特色である[1]。同じような主題や図様、独特の技法を意識的に選択・踏襲することで流派のアイデンティティーを保持する一方で、絵師独自の発見と解釈が加わり再構成されることで、単なるコピーエピゴーネンではない新たな芸術を生み出した[2]

呼称[編集]

かつては尾形光琳・乾山とその作風を継承した酒井抱一らを一つのグループとみなし「光琳派」と呼んだり、その先駆者と考えられる俵屋宗達・本阿弥光悦らを含めて「宗達光琳派」と呼んでいた。現在は「琳派」という呼称が一般的である。

特色[編集]

背景に金銀箔を用いたり、大胆な構図、型紙のパターンを用いた繰り返し、たらしこみの技法などに特色が見られる。題材は花木草花多いが、物語絵を中心とする人物画や鳥獣、山水、風月に若干の仏画を扱った作品もある。

尾形光琳 紅白梅図屏風(紅梅図、部分)

及ぼした影響[編集]

琳派はヨーロッパの印象派や現代の日本画、デザインにも大きな影響を与えている。風神雷神図は多くの画家によって描かれ、それぞれの作品はよく比較の対象にされる。

2004年東京国立近代美術館で開催された「琳派 RIMPA」展では、明治以降の日本画の作品(菱田春草横山大観など)のほか、クリムトウォーホルの作品にも「琳派的なもの」が見られるとされた。

琳派に分類される画家・芸術家[編集]

参考資料[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 名古屋市美術館「特別展 琳派 美の継承ー宗達・光琳・抱一・其一」図録 p.9。
  2. ^ 名古屋市美術館「特別展 琳派 美の継承ー宗達・光琳・抱一・其一」図録 p.10。

関連項目[編集]