深江芦舟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深江 芦舟(ふかえ ろしゅう、別表記:深江 蘆舟、1699年元禄9年)- 1757年5月25日宝暦7年4月8日))は、江戸時代中期の画家である。名は庄六。別号に青白堂。

経歴・人物[編集]

京都銀座の商人筆頭役であった深江庄左衛門の子として生まれる。父と共に家業を営んでいたが、1714年正徳4年)に父が流罪を受けたことにより、その責任で家業を辞した。

後に父と親交のあった同じ商人の中村内蔵助を通じて、その庇護者であった尾形光琳の門人となった。光琳に師事している時には琳派の作品だけでなく、俵屋宗達が描いた作風の宗達派もよくした。後に光琳の作風を受け継いだ草花図等を描き、琳派における代表的な画家となった。

主な作品[編集]

蔦の細道図(東京国立博物館蔵、重要文化財

代表的な作品[編集]

その他の作品[編集]

  • 『伊勢物語色紙』
  • 『四季草花図屏風』

出典[編集]