田中千香士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中 千香士
出生名 田中 伸道
生誕 (1939-01-31) 1939年1月31日
日本の旗 日本 東京府
死没 (2009-01-19) 2009年1月19日(69歳没)
学歴 パリ国立音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
東京藝術大学名誉教授
名古屋音楽大学学長
担当楽器 ヴァイオリン

田中 千香士(たなか ちかし、1939年1月31日 - 2009年1月19日[1])は、日本のヴァイオリニスト、音楽教育家。父はヴァイオリニストの田中詠人、母は声楽家の田中伸枝、実姉はピアニストの田中希代子

経歴[編集]

幼少時よりヴァイオリニストである父に指導を受けた。1950年全日本学生音楽コンクールで1位[2]1951年日本音楽コンクールで入選[3]1953年、同コンクールで1位[4]。同年、桐朋学園を中退。1955年パリ国立音楽院に留学しガブリエル・ブイヨン英語版に師事。1957年、同校を首席で卒業[5]1962年に帰国。1963年京都市交響楽団コンサートマスターに就任。1966年NHK交響楽団のコンサートマスターに就任。ソロ活動と並行して室内楽の分野では、田中千香士弦楽四重奏団、田中千香士合奏団を主宰[5]1979年、N響を退団。東京藝術大学で弦楽科主任教授、名古屋音楽大学学長。2007年、「ちかしオーケストラ」を結成、2008年に第1回コンサート。2009年2月2日第2回コンサート直前に肝不全で死去。

門下生[編集]

CD[編集]

著書[編集]

  • 『五本の柱 ヴァイオリン道修行の旅』レッスンの友社、ISBN 4947740043、2001年7月刊

脚注[編集]

[ヘルプ]