ファツィオリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファツィオリ: Fazioli)は、1981年に創業したイタリアピアノメーカーである。[1]

概要[編集]

創始者兼現社長、パオロ・ファツィオリは、家具職人の家に生まれ、ロッシーニ音楽院ピアノを、ローマ音楽院作曲を専攻した後、ファツィオリ社を1981年に創業した。綿密な手作業をふんだんに盛り込み、世界で最も高額なピアノ[2]として知られている。また独立アリコート方式、「第4ペダル」など特殊な設計でも知られる。現時点で世界最長サイズ(奥行き308センチメートル)のモデルも製作している。

工場はイタリア北部のサチーレにある。この際、各分野の専門家たちに、ゼロからピアノを設計する計画への参加を要請[3]ミケランジェリピアノ調律も務めたピアノ調律師兼製作者のチェーザレ・アウグスト・タローネの弟子らを招聘し、1980年に最初のモデルを完成させた。

製品ラインナップはグランド・ピアノに限定されている。生産台数は、2009年時点で年間120台程度とされる[4]

特徴[編集]

響板[編集]

ピアノの音色を決定づける響板は、フィエンメ峡谷産のレッドスプルースが使用されている。またファツィオリの響板は、製作が終わってから2年間、空気管理された倉庫で熟成される。

ハンマーのフェルト[編集]

他メーカーでは機械によるハンマーのフェルト作りが一般的であるが、ファツィオリはフェルトに硬化剤を使用せず、手作業でフェルトを作る[5]。これにより弾力に優れたハンマーが得られる。

フレームの鋳造[編集]

現代の一般的なピアノ製造工程では、ピアノ内部の鉄製フレームを鋳造する際、真空吸引法を用いる。これは鋳型の隅々に鉄を確実に流し込み、作業を短時間で進めることができるという利点を持つが、ファツィオリでは、伝統的な方法で時間をかけて鋳造している。

可変式ブリッジによる倍音の調律[編集]

多くのピアノの中高音部の駒からヒッチまでの弦(バックストリング)には倍音を豊かに響かせるためのアリコートブリッジが取り付けられている。通常のアリコートブリッジは一体型で、各音程毎にアリコートブリッジの位置を独立して調節することは不可能である。ファツィオリでは各音のブリッジを個別に移動できる独立アリコート方式を採用している。ただし、独立式アリコートブリッジはファツィオリのみに見られる特徴ではない。

駒の材質の使い分け[編集]

ファツィオリでは、駒の基礎(カエデとマホガニーとの積層材)上に貼る木材にカエデシデツゲの3種を用い、硬度の違いを生かして音域ごとに(低音から中音域にカエデ、高音域にシデ、最高音域にツゲ)3種を順に使用するよう設計している[6]。駒の表面の加工も、熟練した職人の手作業で仕上げられる。

4番ペダル[編集]

通常の3本のペダルのさらに左側に4番ペダルのあるものがあり、この特許を取得している。このペダルによって、ハンマーと弦の距離が短くなり、同時に鍵盤が浅くなる。ファツィオリはこれを「音色を変えることなく音量のみが小さくなる」としている[7]。これによってピアニッシモの効果が得られるだけでなく、グリッサンドや速いパッセージに利点がある。 4番ペダルは、モデルF308のみ、標準仕様である。他機種ではオプションで4本ペダル仕様にすることが可能であるが、追加料金が必要となる。また購入後にペダルの増設はできない。

金属部品のメッキ[編集]

ファツィオリでは防錆と美観を考慮し、金属部品に金メッキ処理を採用している。

現行機種一覧[編集]

ファツィオリは、6種類のグランド・ピアノを製造している。[8]

  • F156
  • F183
  • F212
  • F228:通常のセミ・コンサート・グランド・ピアノ
  • F278:通常のフル・コンサート・グランド・ピアノ
  • F308:ファツィオリ独自の特大コンサート・グランド・ピアノ

機種番号のFに続く数字は、ピアノの奥行きを(cm単位で)表している。

日本における納入先施設[編集]

一般に開かれている施設を、以下に納入順で記す。

日本国内のファツィオリ納入先施設(一般公開)
納入順 施設名 場所 納入機種 ペダル 納入時期 使用できるホールの客席数 備考
1 栗東芸術文化会館さきら 滋賀県栗東市 F278 3本 小ホール149席
中ホール406席
大ホール810席
日本で初めてファツィオリを納入したホール。
2 北上市文化交流センター さくらホール 岩手県北上市 F278 3本 小ホール264席
中ホール461席
大ホール1406席
2005年10月にアルド・チッコリーニが再来日し、ファツィオリを演奏。
3 石川県こまつ芸術劇場うらら 石川県小松市 F212 3本 小ホール250席 詳細は公開されていない。
4 美浜町生涯学習センターなびあす 福井県三方郡[[美浜町 (福井県)|美浜町]] F308 4本 文化ホール489席 F308モデルが設置されている国内唯一の施設
5 豊洲シビックセンター 東京都江東区 F278 3本 ホール300席 舞台周りの壁が総ガラス張りで夜景が見えるホール。

広く一般に開かれていない施設を、以下に納入順で記す。

日本国内のファツィオリ納入先施設
施設名 場所 納入機種 ペダル 納入時期 客席数 備考
幕張ベイタウン・コア 千葉県千葉市美浜区 F278 3本 2002年4月26日 200席 東日本初の導入で、市民運動により選定・募金により購入された。幕張ベイタウン自治会連合会所有。地域ボランティアスタッフによる管理。使用は地元幕張ベイタウン関連団体主催、または共催イベントのみ許可(審査あり)。観客に対する制限はない。
渋谷教育学園幕張中学校・高等学校田村記念講堂 千葉県千葉市美浜区 F278 3本 2009年 非一般公開:学内用途のみ。

海外における納入先施設[編集]

評価[編集]

  • 高松国際ピアノコンクール:初めてFAZIOLIがこのコンクールに採用された2010年、石村純がFAZIOLIを選んで第2位となった。[10] [11]
  • ショパン国際ピアノコンクール:初めてFAZIOLIがこのコンクールに採用された2010年、ダニイル・トリフォノフがFAZIOLIを選んで第3位となった。その後、ダニイル・トリフォノフはコンサートでFAZIOLIを使用している。[12]
  • ルービンシュタイン国際ピアノコンクール:初めてFAZIOLIがこのコンクールに採用された2014年、FAZIOLIとSteinwayの2社のピアノのみが公式ピアノとしてコンクール側が採用した。最終審査に出場した全6人の参加者の内、大協奏曲でSteinwayを弾いたのは1人のみで、5人がFAZIOLIを選んだ。[13]
  • シドニー国際ピアノコンクール:初めてFAZIOLIがこのコンクールに採用された2016年、最終審査に出場した全6人の参加者は、1人あたり協奏曲を2曲ずつ演奏しなくてはならず、最終審査全体として12曲の協奏曲が演奏された。その内、9曲の協奏曲がFAZIOLIでの演奏を希望され、FAZIOLI以外のメーカーのピアノで演奏されたのはたった3曲という状況になるほど参加者からの支持が圧倒的に強かった。[14]

関連項目[編集]

以下のコンクールのピアノとして採用された。

参考文献[編集]

  • 斎藤信哉著『ピアノはなぜ黒いのか』(幻冬舎)
  • 吉澤ヴィルヘルム著『ピアニストガイド』(青弓社)

脚注[編集]

  1. ^ イタリア語の標準的なアクセントは、後ろから2つ目の音節の母音につくため、「ファツィオーリ」ともカタカナ表記される。
  2. ^ 出典:吉澤ヴィルヘルム著『ピアニストガイド』、青弓社、2006年、227ページ。
  3. ^ 『パリ左岸のピアノ工房』、新潮社、2001
  4. ^ 『日経ビジネス ONLINE』
  5. ^ 製造・技術情報 | FAZIOLI
  6. ^ FAZIOLI日本総代理店トピックス[1]Fazioli工場見学ビデオ中(28:25版)の12:53~13:22を和訳
  7. ^ ファツィオリの技術情報公式サイト日本語版、2010年11月閲覧
  8. ^ The six models (F156 - F308)公式サイト
  9. ^ The Globe Life Newsletter"Juilliard breaks with all-Steinway tradition, purchases a Fazioli "、2011年3月29日
  10. ^ 高松国際ピアノコンクール 第2回出場者一覧
  11. ^ 高松国際ピアノコンクール YouTube公式映像
  12. ^ トリフォノフ公式サイト
  13. ^ FAZIOLI日本総代理店トピックス公式サイト
  14. ^ FAZIOLI日本総代理店トピックス公式サイト
  15. ^ FAZIOLI日本総代理店トピックス公式サイト
  16. ^ FAZIOLI日本総代理店トピックス公式サイト
  17. ^ FAZIOLI日本総代理店トピックス公式サイト

外部リンク[編集]