高橋多佳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 多佳子
生誕 (1964-10-03) 1964年10月3日(56歳)
出身地 日本の旗 日本印西市
学歴 桐朋学園大学音楽学部
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

高橋 多佳子(たかはし たかこ、1964年10月3日 -)は、日本のピアニスト北海道札幌市生まれ[1][2]神奈川県横浜市育ち[3]

来歴[編集]

幼い頃耳にしたフレデリック・ショパンの『別れの歌』が、ピアノを始めたきっかけという[2]。1988年桐朋学園大学音楽学部卒業後[2]、招かれて国立ワルシャワ・ショパン音楽院大学院研究科に留学し[2]、1991年最優秀で修了。ショパンの作品を年代別に取り上げたCD『ショパンの旅路』(全6集)をリリースするなど、「ショパン弾き」として高い評価を得ている[2][4]。2006年には宮谷理香とピアノデュオ・ユニット「Duo Grace」を結成。

本格的にショパンに関心を持ったのは高校時代[2]。作品のみならず、その劇的な生涯にも感銘を受けたという[2]。作品については、「ショパンは難しいんですよ。華やかで美しく聞こえても、メロディーが何層にも重なっていて複雑なのです。ショパンを弾ければ、どんな曲でも弾けるのではないでしょうか」と語る[2]。また、「ショパン弾き」と呼ばれることについては、嬉しい反面、ショパンだけと思われることには抵抗があり、例えばラフマニノフのように、燃えるようなタイプの曲も好きだという[2]

コンクール歴[編集]

師事歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  • ショパン名曲集
  • ロシア・ピアノ名曲集
  • ショパンの旅路Ⅰ~ポーランドの心~
  • ショパンの旅路Ⅱ「旅立ち」~ワルシャワからパリへ~
  • ショパンの旅路Ⅲ「マヨルカの風」~マヨルカ島にて~
  • ショパンの旅路Ⅳ「サンドとの愛」~ノアンとパリⅠ~
  • ショパンの旅路Ⅴ「霊感の泉」~ノアンとパリⅡ~
  • ショパンの旅路Ⅵ「白鳥の歌」~ノアンとパリⅢ~
  • シン・ドンイル:虹色の世界:ピアノ・ソロとお話によるやさしい24の小曲集
  • ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番/ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
  • ショパン:バラード&スケルツォ集
  • リサイタル - ショパンwithフレンズ
  • ショパン:エチュード全集 - Op.10, Op.25, 3つの新練習
  • シューマン:クライスレリアーナ Op.16, 謝肉祭 Op.9, トロイメライ Op.15-7
  • Grace - グレイス(「Duo Grace」名義)

脚注[編集]

  1. ^ 公式ブログ2010年4月23日付
  2. ^ a b c d e f g h i 中国新聞』、2003年6月28日付
  3. ^ 公式ブログ2010年5月18日付
  4. ^ ぴあ 第42小節 高橋多佳子 プロフィール”. 2012年12月1日閲覧。
  5. ^ 吉澤ヴィルヘルム『ピアニストガイド』青弓社、印刷所・製本所厚徳所、2006年2月10日、71ページ、ISBN 4-7872-7208-X

外部リンク[編集]