たくろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たくろう
TAKUROU
メンバー 赤木裕
きむらバンド
結成年 2016年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2016年3月 -
出身 NSC大阪校36期(きむら)
NSC大阪校37期(赤木)
影響 明石家さんま(きむら)
千鳥(赤木)
出会い NSCの先輩後輩
旧コンビ名 バンドワゴン
オルタレートピッキング(きむら)
あぶりぽンズ
ムミムシュウ(赤木)
現在の活動状況 よしもと漫才劇場など
芸種 漫才コント
ネタ作成者 両者
現在の代表番組 オンスト
同期 8.6秒バズーカー
ダブルヒガシ
ちからこぶ
カベポスター
ドーナツ・ピーナツなど(きむら)
いなかのくるま
斜に噛む
チャンプチョップなど(赤木)
受賞歴
第39回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール新人漫才福笑大賞
第8回ytv漫才新人賞 準優勝
テンプレートを表示

たくろう吉本興業大阪本社(厳密にはよしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部)所属のお笑いコンビ2016年3月9日結成[1]

メンバー[編集]

赤木裕(あかぎ ゆう、 (1991-10-24) 1991年10月24日(28歳)[1]。 - )

  • ボケ担当。立ち位置は向かって左。太い眉毛と、シャツの裾をズボンの中に入れたファッションが特徴。
  • 滋賀県大津市出身[1]NSC大阪校37期生[1]。野洲小学校、その後平野小学校へ転校し、大津市立打出中学校光泉高等学校を経て京都産業大学卒業。
  • 小学生の頃から空手をやっていた。中学校のときは野球部に所属。一つ上の先輩に俳優の林遣都がおり、同じセカンドとして青春時代を過ごす[要出典]。高校でも野球を続けたが、3年生のときにマネージャーに転向。大学時代には草野球チームに所属しており、チームのムードメーカーとして活躍(ポジションは主にセカンド、ライト)。当時はコンビニでアルバイトをしていた。
  • 身長171cmに対して体重が48㎏という痩せ型[1]
  • 好きな食べ物は、蕎麦と調味料。
  • 野球が好きであり、巨人ファン。実況パワフルプロ野球が上手い。
  • 猫が好き。
  • 姉がいる。
  • 鼻をつまむと泣く。
  • 小学生の時の給食の食べ方が独特で周囲を驚かせていた。
  • 小学6年生の時の体力テストの握力測定の数値が9だった。
  • 小学生時代のあだ名はワカメ(くせっ毛の髪の毛からと、赤木の体格から)

きむらバンド(きむら ばんど、 (1990-01-28) 1990年1月28日(29歳)[1] - 、本名:木村太一)

  • ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。茶髪のもじゃもじゃパーマが特徴。同期からはきむちゃん、先輩からはきむバンと呼ばれることが多い。
  • 愛媛県松山市出身[1]愛媛県立松山中央高等学校卒業。NSC大阪校36期生[1]で同期には、8.6秒バズーカーなどがいる。
  • 木村拓哉の大ファンで、毎週ラジオを視聴するなど木村拓哉鑑賞が趣味である[1]
  • ベースが得意で、過去に「サディスティックジョーカー」というバンドを組んでいたが、バンド活動よりもMCに力を入れたため強制的に辞めさせられている。
  • ベーやん(元セントビンセント)、チェリー大作戦宗安とルームシェアをしている。
  • お酒が飲めないということもあり、コーラが大好き。また、お酢が苦手。
  • よしもと漫才劇場を拠点に活動する芸人で構成された、マンゲキ戦隊ギャグレンジャーの火曜日担当(イエロー)としても活動している[2]

概略[編集]

NSC大阪校の先輩後輩で結成。NSC入学前から赤木は地元の同級生と漫才コンビを組んでライブハウスでライブの合間の時間に漫才をしていた[3]

NSCでは卒業後にアシスタントとして1期下の後輩への授業補助のアルバイトをできる制度があり、きむらは37期生のアシスタントをしていた。きむらは2014年6月から2015年9月までは現カンタービレの杉元修平とのコンビ「バンドワゴン」で活動[4][5]、赤木は、当初、NSCの同期と「あぶりぽンズ」、解散後「ムミムシュウ」というコンビをそれぞれ結成し活動していたが解散[6]。そのときに木村が「めちゃくちゃおもしろいけど余っている」と赤木の噂を聞きつけて声をかけたことがきっかけでコンビを結成[7]。コンビ名の「たくろう」は、きむらが好きな木村拓哉と赤木の好きなイチローからそれぞれ取り、組み合わせて名付けた。

M-1グランプリには2016年度から出場しており、2016年は3回戦敗退、2017年は結成2年目にして準々決勝まで進出し、2018年には準決勝進出[8]、翌2019年は準々決勝で敗退。

現在はよしもと漫才劇場を中心に活動中。結成約5か月にして2016年8月7日開催のKakeru翔GPで優勝している[9]ほか、2018年7月の今宮子供えびすマンザイ新人コンクールでは新人漫才福笑大賞を受賞している[10]

芸風[編集]

主に漫才をしており、赤木の挙動不審な言動に対してきむらが優しくツッコミを入れていくというスタイル。ネタ作りは赤木がベースを書き2人で合わせながら進めていく。赤木のボケは普段の生活中などに生じたものや考えたことをそのまま使っている[3]

出囃子[編集]

大野克夫バンド『名探偵コナン・メインテーマ』

賞レースなどでの戦績[編集]

主な出演歴[編集]

テレビ[編集]

特別番組[編集]

  • 王者が認める漫才師(MBS、2018年8月27日)
  • お笑いジャイアントキリング~しばり漫才王決定戦~(MBS、2018年9月7日)
  • 今年一番ウケたネタ大賞(関西テレビ、2018年12月23日)
  • M-1グランプリ2018 敗者復活戦(朝日放送、2018年12月2日)
  • オールザッツ漫才(MBS、2018年12月29日、2019年12月29日)

ゲスト出演[編集]

ラジオ[編集]

  • オンスト(YES・fm、2019年4月-)木曜日[21][22]
    • オンスト(YES・fm、2018年4月6日・5月9日・7月9日・8月15日、ゲスト出演)2018年7月9日放送回では祇園の代役としてパーソナリティをつとめている。
  • 祇園のNEXT芸人コレクション(ラジオ大阪、2018年6月19日)
  • 週刊ヤングフライデー(MBSラジオ、2018年7月27日)
  • マルセイユの朝まで生まんげき(MBSラジオ、2018年7月9日)
  • 銀シャリの炊きたてふっくらじお(KBS京都、2018年8月19日)
  • ますます!ハイヒール(MBSラジオ、2018年9月1日)
  • たくろうのNEXT芸人コレクション[23][24](ラジオ大阪、2019年8月-9月)

ネット番組[編集]

  • ザ・プラン9 浅越ゴエ&ヤナギブソンの大喜利ナイト(SHOWROOM、2018年7月5日)
  • 藤崎マーケットの人狼ナイト(SHOWROOM、2018年10月9日)

単独ライブ[編集]

  • 2018年
    • 2018年2月18日 ー 『今日のたくろう』(よしもと漫才劇場)
    • 2018年7月18日 ₋『今日のたくろう』(よしもと漫才劇場)
    • 2018年12月23日 ₋『Forever Laugh』(よしもと漫才劇場)
  • 2019年
    • 2019年2月16日 ー からし蓮根・たくろう合同単独ライブ『road to 火の国&forever たくろう』
    • 2019年6月29日 ₋ 『きよさん』(よしもと漫才劇場)
    • 2019年7月26日 ー 『よしのぶ』(ヨシモト∞ホール)
  • 2020年
    • 2020年2月15日 ー 『Dremars High』(よしもと漫才劇場)

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i たくろう プロフィール|吉本興業株式会社”. 2019年9月23日閲覧。
  2. ^ ジュリエッタ藤本らギャガー集結、戦隊ドラマ仕立てのバラエティ特番” (2019年12月26日). 2020年1月3日閲覧。
  3. ^ a b 異色芸人コンビ・たくろう「高校時代に芽生えた反骨心で一発逆転を狙う」” (2018年12月25日). 2020年1月3日閲覧。
  4. ^ たくろう きむらバンドTwitter”. 2019年9月23日閲覧。
  5. ^ たくろう きむらバンドTwitter”. 2019年9月23日閲覧。
  6. ^ NSCの面白いとこ【たくろう赤木の面白いとこ #2】 (2019年12月28日)” (2019年12月28日). 2020年1月3日閲覧。
  7. ^ 笑いのない人生なんて:結成3年、注目のコンビ たくろう 不可思議なボケに優しく” (2019年1月21日). 2020年1月3日閲覧。
  8. ^ a b c d たくろう コンビ情報詳細|M-1グランプリ 公式サイト”. 2019年2月15日閲覧。
  9. ^ よしもとニュースセンター : よしもと漫才劇場 6年目以下のネタバトルイベント「Kakeru翔GP」 優勝は「たくろう」”. 2019年9月23日閲覧。
  10. ^ a b “今宮戎神社こどもえびすマンザイ新人コンクール 受賞者一覧”. http://www.imamiya-ebisu.jp/wp-content/uploads/2012/09/reiwa-itiran.pdf 2019年9月23日閲覧。 
  11. ^ 第39回ABCお笑いグランプリ|朝日放送テレビ”. 2019年9月23日閲覧。
  12. ^ 「第39回ABCお笑いグランプリ」濱田祐太郎、ゆりやんら決勝進出者12組が決定! (1/2)”. 2019年9月23日閲覧。
  13. ^ からし蓮根、たくろう、ジュリエッタら「NHK上方漫才コンテスト」本選初進出 - お笑いナタリー”. 2019年2月15日閲覧。
  14. ^ 強みは「爆裂世界観」たくろう、NHKの大チャンスをものにできるか - お笑いナタリー”. 2019年9月23日閲覧。
  15. ^ からし蓮根が「第8回ytv漫才新人賞決定戦」優勝 - お笑いナタリー”. 2019年9月23日閲覧。
  16. ^ ytv漫才新人賞優勝のからし蓮根、漫才中に覚醒していた「時間がゆっくりに」 - お笑いナタリー”. 2019年9月23日閲覧。
  17. ^ たくろう、ytv漫才新人賞選考会を1位通過「奇跡起これとずっと思ってた」 - お笑いナタリー”. 2019年9月23日閲覧。
  18. ^ 漫才Lovers・ytv漫才新人賞 公式Twitter”. 2019年9月23日閲覧。
  19. ^ からし蓮根、たくろう、宮下草薙ら43組が最終予選進出「第40回ABCお笑いGP」 - お笑いナタリー”. 2019年9月23日閲覧。
  20. ^ 「ヤバい奴が来た!」たくろう、モウカリマッカー学園に登場 - お笑いナタリー”. お笑いナタリー (2019年3月8日). 2019年3月10日閲覧。
  21. ^ たくろう きむらバンドTwitter”. 2019年3月26日閲覧。
  22. ^ 木曜日のオンスト”. 2019年9月23日閲覧。
  23. ^ NEXT芸人コレクション 公式Twitter”. 2019年9月23日閲覧。
  24. ^ NEXT芸人コレクション”. 2019年9月23日閲覧。