バツウケテイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バツウケテイナー
ジャンル バラエティ番組
出演者 アキナ
和牛
アインシュタイン
ナレーター キオーラモ
オープニング ディープ・パープル BURN
製作
制作 サンテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年4月 -
放送時間 毎週火曜 22:00 - 22:30 (30分)
公式サイト

アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー』は、2016年4月からサンテレビで放送されているバラエティ番組

概要[編集]

2011年から劇場で活動していた吉本興業内人気ユニットアキナ牛シュタインがメンバーそのままで地上波に登場する罰ゲームエンターテイメント番組。

番組内容は、毎回無茶ぶりとも言えるテーマが与えられ(テーマの語尾には「ロワイヤル」とついている)、6人全員がお題に対し大喜利のように答える形で展開していく。毎回ゲストで登場する、3組より芸歴も経験も長い先輩芸人レフリーが、誰が一番ウケが悪かったかを判定。笑いが一番足りないとジャッジされたコンビは、芸人レフリーが考案した罰を受けて笑いをとらなければならない。時折、サンテレビの社員などから突然ダメ出しをされ、罰ゲームに応えることもある。

他、若手芸人がネタを披露しつつ、自分の得意なテーマで3組のいずれかにタイマンを申し込み闘うことができる「タイマン下剋上ロワイヤル」というコーナーがある。

よしもと漫才劇場での公開収録であり、ユニットのライブ感を活かした番組構成となっている。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

  • アキナ(秋山賢太、山名文和)-コンビカラー青
  • 和牛(水田信二、川西賢志郎)-コンビカラー緑
  • アインシュタイン(河井ゆずる、稲田直樹)-コンビカラー赤

ナレーション[編集]

芸人レフリー[編集]

毎回以下の中から1人が出演。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送期間 遅れ
兵庫県 サンテレビ(SUN) 独立局 毎週火曜22:00 - 22:30 2016年4月 - 制作局
東京都 TOKYO MX(MXTV) 毎週日曜13:00 - 13:30 2017年10月 -
北海道 札幌テレビ(STV) 日本テレビ系列 毎週火曜(月曜深夜)2:04 - 2:34 2017年4月 - 2018年5月

6月28日・7月3日

7月31日 -

福岡県 九州放送(TVQ) テレビ東京系列 毎週水曜(火曜深夜)1:00 - 1:30 2018年10月 -
佐賀県 サガテレビ(STS) フジテレビ系列 毎週土曜(金曜深夜)1:55 - 2:25 2018年10月 -
千葉県 千葉テレビ(CTC) 独立局 毎週金曜(木曜深夜)1:00 - 1:30 2018年10月 -

札幌テレビでは、レギュラー放送を1度終了後、単発放送を挟んで再開している。

また、上記に加え、南日本放送(MBC)でも月に2回ほど放送されている。

ネット配信[編集]

  • アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー(大阪チャンネル 2017年4月25日- )※再放送
  • アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー(AbemaTV 2017年8月31日- )※再放送

DVD[編集]

  • アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナーDVD(2017年9月27日発売)

スタッフ[編集]

  • 構成:友光哲也、堀内亮、城田和哉、神庭誠
  • CAM:三村友昭(よしもとBE)
  • AUD:本城宣彰(よしもとBE)
  • MA:福川祐歩(よしもとBE)
  • EED:高浦祐希(よしもとBE)
  • デザイン:小笠原佳子
  • メイク:中川綾菜
  • 照明:玉井克典
  • 音響:矢野杏奈
  • 舞台監督:清水直人
  • VTR:上田優
  • 進行:後藤早保、草場真司
  • 協力:よしもと漫才劇場、ステージプランニング、アーチェリープロダクション、スタジオネスト、MORE、よしもとブロードエンタテインメント
  • AD:奥田香穂、鈴木啓太、南野朗大、山田明弘、秋本里帆
  • D(ディレクター):竹本明香、東上床直樹、植村文雄
  • P(プロデューサー):家村栄輝(サンテレビ)、植田隆志(よしもとCA)、木村友厚(よしもとBE)
  • 制作著作:サンテレビ、吉本興業

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

サンテレビ 火曜日22:00 - 22:30枠
前番組 番組名 次番組
アキナ・和牛・アインシュタインのバツウケテイナー
-