かぞくのひけつ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かぞくのひけつ
監督 小林聖太郎
脚本 小林聖太郎
吉川菜美
製作 志摩敏樹
出演者 久野雅弘
秋野暢子
桂雀々
ちすん
谷村美月
音楽 Flat Three
撮影 近藤龍人
編集 鈴木真一
小林由加子
配給 シマフィルム
公開 日本の旗 2006年12月2日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

かぞくのひけつ』は、2006年12月2日公開の日本映画大阪十三(じゅうそう)にある映画館・第七藝術劇場の復活を記念して作られた。

ストーリー[編集]

大阪・十三(じゅうそう)の商店街。地元の高校に通う賢治(久野雅弘)には、つきあって半年になる彼女・典子(谷村美月)がいるのだが、キスどころか手を繋ぐこともできないでいる。というのも、女癖の悪い父・宏治(桂雀々)の因果が子に報い、性病に罹ったと思い込んでいる(童貞にも関わらず)からなのだ。かといって、積極的に治療することはおろか、事実を突き止めることすらできないでいるような「ヘタレ」だった。そして、ウジウジと悩むばかりの賢治を見て不安になるばかりの典子は、いつしかスポーツ万能で学年一のモテ男・立花に心惹かれていく。

一方、商店街で不動産屋を営む両親にも、幾度目かの離婚の危機が迫っていた。母・京子(秋野暢子)から頼まれた「バイト」で父を尾行していた賢治が、父の愛人・ゆかり(ちすん)に見つかってしまい、父のついていた嘘がバレてしまったのだ。京子と直談判して、離婚させると息巻くゆかりを何とか抑えた賢治だった。翌日、学校帰りの賢治が目にしたのは、不動産屋のバイト募集に応じて来たゆかりの姿だった。

キャスト[編集]

  • 久野雅弘(島村賢治役)- 主人公。性病かも、と怯えてカノジョに手を出せない高校生
  • 秋野暢子(島村京子役)- 賢治の母。
  • 桂雀々(島村宏治役)- 賢治の父。女にだらしないが気のいい不動産屋。
  • ちすん(大澤ゆかり役)- 宏治の愛人。宏治の嘘を知り、島村不動産のアルバイト募集に応じてくる。
  • 谷村美月(桜井典子役)- 賢治のカノジョ。
  • テント(旧名 大空テント)(天道役)- 怪しげな漢方薬屋の店主。
  • 九十九一(福田役)- 宏治の友人。
  • 長原成樹(新井役)- 宏治の友人。
  • 水木薫(桜井初枝)- 典子の母。
  • 荒谷清水(寄合いの司会役)
  • 小堀正博(村田役)
  • 平野麻樹子(ミキ役)
  • 南方英二(近藤役)- 一軒家の家主。
  • 浜村淳(医者役)- 性病科の医師。
  • 桜井一枝(看護師役)- 性病科の看護師。

スタッフ[編集]

劇場公開[編集]

受賞/映画祭出品など[編集]

テレビ放送[編集]

  • 2008年8月 ペーパービューチャンネルにて有料放送

関連書籍[編集]

  • 映画芸術』2006年秋号 -- 監督インタビュー掲載。
  • SWITCH』2007年11月号 -- 監督インタビュー掲載。
  • 装苑』2008年1月号 -- 2008注目する人特集掲載。
  • 『'06年鑑代表シナリオ集』--シナリオ掲載。
  • 『シナリオ』2008年1月号--シナリオ掲載。

外部リンク[編集]