追跡 (1973年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

市川崑シリーズ・追跡』(いちかわこんシリーズ・ついせき)は、1973年5月22日から同年9月4日までフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ関西テレビC.A.L活動屋[1]の共同制作。

ポスト・木枯し紋次郎[編集]

「真実を非情なまでに追い求めるはみ出し記者!」。中村扮する大手新聞社横浜支局の記者"私"が、諸々の事件の真相を追い求めるという社会派のドラマであった(なお、放送当時の夜10時台は子供は寝ている時間帯であった。そのためグロテスクな表現が見られたという)。

前年市川崑中村敦夫のコンビで時代劇『木枯し紋次郎』を大ヒットさせたフジテレビが準キー局の関西テレビの手助けで両コンビによるドラマを制作した、まさにポスト・紋次郎を狙った作品であったが、放送開始がテレビ業界では異例の改編であった。元々は放送開始予定が1973年7月3日で、前番組『真夜中の警視』が1973年6月26日終了を予定していたためである。しかし『真夜中の警視』が、主演俳優原田芳雄の撮影中の無免許運転事故発覚により、同年5月15日限りで予定話数を6つ残し7回で打ち切り、急遽放送開始が決定した。

予定では13話、1クール終了となっていたが、前の番組の打ち切りで7話多く制作することになり、19話終了予定となった。急遽放送回数が水増しされたため、前途多難と見られていた。

元々の予定の13話は何の問題もなしに毎週火曜夜10時に放送されていて、事件のおきた回は水増しにより追加されたものである。

『内容が非常識』という理由で差換え→予定の3話を残し打ち切りに[編集]

1973年8月28日に放送史上に残る『お蔵入りトラブル』が起きた。

この日に放送が予定されていた第15話の「汚れた天使」は、次回に予定されていた「灰色の天使」に変更されたが、これは製作元の一つ関西テレビが他の製作元・出演俳優・さらに演出を手掛けた唐十郎の許可を取らずに独断で実行したものである。

当番組は水増し分の一話である「汚れた天使」を当時寺山修司と共に前衛演劇の巨頭として知られていた唐に依頼して製作したが唐が自身が率いた状況劇場(別名・新宿赤テント)で見られる様な過激な表現で演出したが、この回の試写に立ち会った関西テレビの重役が『内容が非常識過ぎる』と判断し差換えを決断。この事を知った唐が激怒し、「『汚れた天使』を放送しなければ(関西テレビと)絶縁する」と宣言。これに呼応するかのように主演の中村敦夫や共演者・スタッフ、さらに中村が所属していた俳優座の重鎮東野英治郎が記者会見を開き「強行すれば今後、番組に出演しない」と宣言した。しかし関西テレビは差替えを強行。結果、唐の『汚れた天使』は日の目を見なかった。ただし、唐は同年9月13日に六本木自由劇場において自主的に『汚れた天使』の上映会を行った。当日は雨だったが、定員200人の会場に約500人が足を運んだ。ただ、その映像は機材の不備により、音と映像が2、3秒ずれたものだったという(天野ミチヒロ『放送禁止映像大全』)。

「汚れた天使」のストーリーは、横須賀で起きた売春婦殺人事件の取材を担当していた"私"の同僚記者が、根津甚八演じる犯人および犯人が住む安アパートの住人とズブズブの関係になってしまい、その事件を記事にしなかった。それを、常田富士男演じるデスクから咎められたのを苦にして犯人・安アパートの住人と一緒に入水自殺するというものであった。このようにストーリーも衝撃的であるが、安アパートの住人として不破万作演じる倒錯した女装をしたオカマが登場した事、犯人が同性愛志向のある自慰行為をしていたシーンが登場した事、など非常に過激な描写があったという。

この事で全出演者・スタッフが製作・出演をボイコットしたため、結果第16話「天使の罠」を最後に予定回を3回残して終了した。

前の番組に続いて当番組もトラブルから打ち切りとなってしまった。2回続けては製作元の関西テレビにとってはもちろん、フジテレビに取っても打撃であった。

概要[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトルリスト[編集]

※ すべて『天使』がサブタイトルに使われていた。これは三好徹の小説『天使』を原作としていた事に由来する。

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1973年5月22日 いかさま天使 鴨三七 市川崑 大宮敏充波乃久里子篠田三郎
2 5月29日 天使の賭(かけ) 大薮郁子 鍛冶昇 十朱幸代佐々木功八木昌子柳瀬志郎
3 6月5日 黒い天使 真船禎 太地喜和子沢たまき三遊亭圓楽
内田朝雄田中信夫平泉征
4 6月12日 天使の棄児 小倉一郎井上玲子渡辺美佐子原泉
横山道代下川辰平
5 6月19日 天使の裁き 鴨三七 鍛冶昇 本阿弥周子内藤武敏木村功玉川伊佐男
6 6月26日 悲しき天使 土屋啓之助 宇都宮雅代鹿沼エリ小島三児
尾藤イサオ中谷一郎
7 7月3日 天使の宝石 佐々木守 富澤幸男 左時枝千秋じゅん林ゆたか蟹江敬三観世栄夫
8 7月10日 天使の葬列 土屋啓之助 藤竜也吉田次昭雨宮和美中川加奈
阿藤海森本レオ
9 7月17日 天使の仮面 佐々木守 真船禎 真山知子鳥居恵子戸浦六宏折原啓子田中小実昌
10 7月24日 天使の祈り 三輪幸雄 中村敦夫 蜷川幸雄草間靖子里居正美小松方正
片岡五郎谷昌樹木内稔
11 7月31日 不道徳な天使 佐々木守 真船禎 桃井かおり原田大二郎岸田森
犬塚弘瑳川哲朗南州太郎
12 8月7日 天使の唄(うた) 鴨三七 土屋啓之助 奈美悦子日下武史
13 8月14日 天使の弔鐘 大薮郁子 鹿内孝榊ひろみ毛利功金井大
14 8月21日 幻(まぼろし)の天使 佐々木守 富澤幸男 市原悦子坂口良子串田和美大滝秀治はかま満緒
15 8月28日 灰色の天使 観世栄夫[2] 布施保子初井言榮中台祥浩ジョー山中
佐藤博大塚国夫
16 9月4日 天使の罠(わな) 鴨三七 富本壮吉 上條恒彦
[3] 未放映 汚れた天使 石堂淑朗 唐十郎 根津甚八不破万作李麗仙大久保鷹、唐十郎
[4] 未放映(未完成) 天使の哀歌 岡野敬

註釈[編集]

  1. ^ 1973年8月24日 日刊スポーツ
  2. ^ 1973年8月26日 日刊スポーツ
  3. ^ 制作時には、1973年8月28日放送予定の第15話だった。
  4. ^ 1973年8月26日の日刊スポーツでは、1973年9月18日放送予定の第18話だったが、この第18話と第19話は制作中に完成をボイコットされた。
フジテレビ系(関西テレビ製作) 火曜22時枠
前番組 番組名 次番組
追跡