ごちそうさん (1969年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ごちそうさん
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜22:00 - 22:45
放送期間 1969年10月7日 - 1969年12月30日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 関西テレビ
演出 橋本隆亘
脚本 西島大
出演者 大原麗子浪花千栄子森光子高橋長英武原英子 ほか

特記事項:
モノクロ放送。
テンプレートを表示

ごちそうさん』は、1969年10月7日から同年12月30日まで関西テレビ制作・フジテレビ系列の『火曜劇場』(火曜22:00 - 22:45)で放送されたテレビドラマ。全13回。

概要[編集]

舞台は大阪北浜。ヒロイン・古谷マキは生き甲斐というものを知らないような、ゴーゴーを踊るのが好きという現代っ子。しかし、実家の一膳飯屋「津の国屋」がビル持ちのモダン食堂「立花屋」から買収の話を持ち掛けられる。マキの祖母・テルはこれに反対するが、主人の儀助と美代は「大損しないうちに経営から手を退こう」という考えから賛成し、後の千里ニュータウンでのマンション暮らしを夢見るほど。マキはテルに賛同し、一人でも津の国屋ののれんを守ろうと奮闘する。こうして津の国屋の経営を始めたマキは、店の切り盛りに夢中になり、自ら意欲的な人生観を得ていく。マキの成長のプロセスと、テルと立花屋主人の令子との深まる対立、北浜の人々の人間模様などを絡めてコメディータッチで描いた[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:西島大(全話担当)
  • 演出:橋本隆亘(全話担当)
  • 制作:関西テレビ

サブタイトル[編集]

  1. 1969年10月7日「ゴーゴーと鈴虫」
  2. 1969年10月14日「開店休業」
  3. 1969年10月21日「会議は踊る」
  4. 1969年10月28日「味噌汁」
  5. 1969年11月4日「恋よ来い」
  6. 1969年11月11日「図々しい奴」
  7. 1969年11月18日「断絶ばやり」
  8. 1969年11月25日「復活」
  9. 1969年12月2日「結婚申込」
  10. 1969年12月9日「全焼す」
  11. 1969年12月16日「風の吹く街」
  12. 1969年12月23日「火事見舞」
  13. 1969年12月30日「新のれん」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考・毎日新聞朝日新聞読売新聞京都新聞縮刷版週刊TVガイド(1969年10月~12月)
関西テレビ制作・フジテレビ系列 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
ごちそうさん