桂福團治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桂 福團治(かつら ふくだんじ)は上方落語名跡。当代は4代目。なお、初代笑福亭福松系統の笑福亭福團治とは別の名跡。


4代目 桂 福團治かつら ふくだんじ
4代目 桂 福團治
花菱は、桂春団治一門の定紋である。
本名 黒川 亮
生年月日 (1940-10-26) 1940年10月26日(76歳)
出生地 日本の旗 日本三重県四日市市
師匠 3代目桂春團治
名跡 1. 桂一春(1961年 - 1966年)
2. 5代目桂小春(1966年 - 1973年)
3. 4代目桂福團治(1973年 - )
出囃子 梅は咲いたか
活動期間 1961年 -
活動内容 上方落語
配偶者 翠みち代
家族 桂福若(長男)
所属 松竹芸能
備考
関西演芸協会第10代会長
上方落語協会理事
日本手話落語会会長

4代目桂 福團治(かつら ふくだんじ、1940年10月26日 - )は、三重県四日市市出身の落語家。本名、黒川 亮。所属事務所松竹芸能関西演芸協会第10代会長、上方落語協会理事、日本手話落語会会長。妻は声帯模写吉本興業所属の翠みち代、みち代の姪は女優泉ピン子、長男は弟子でもある桂福若

持ちネタは幅広いが、特に『蜆売り』『藪入り』『ねずみ穴』などの人情物(人情噺)を得意にしている。かつては「ペケペン落語」を売り出すなど新作落語路線であった。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 上方芸人の芸に対する執念と壮絶な生涯を描いた映画鬼の詩』(ATG、藤本義一原作)に主演。
  • 『鬼の詩』公開から間もなく声帯ポリープが発覚。これで一時期声が出なくなったことが、手話落語を始めるきっかけになった。
  • 横山やすしと同期である。阪神淡路大震災の復興イベントでは、掛け合いではあるが晩年のやすしと漫才を演じた。福団治が師匠春団治から破門された際、「やっさん(横山やすし)が土下座して師匠に謝ってくれた」と福団治は語っている。また、やすしは福団治から『鋳掛屋』を習い、テレビ番組でかくし芸として演じた。
  • 売り出す契機となった「ペケペン落語」とは、人形浄瑠璃三味線の合いの手(を真似た声色)をクッションとした小咄集のこと。大いに好評を得たが、福團治襲名と共に封印した。
  • 1996年、日本で初めて視覚障害者の弟子をとる(桂福点)。福点の「点」は、点字の「点」と10番目の弟子であるという「ten」を意味するという。福点は2009年11月、天満天神繁昌亭でデビューを果たした。障害の有無に関わらず楽しめる落語会を開くために「バリアフリー落語会」を福点とともに開催し、阪神淡路大震災での障害者の体験をもとにした創作リレー落語で震災の風化防止活動も行っている。
  • 親子の絆づくりを目的とした『親子で聴く人情噺』を、「出前落語会」として全国で展開中。
  • 手話落語を広める活動中にできた手話落語専門の弟子が40名ほどいる。
  • 2011年12月豊臣秀吉お伽衆である曽呂利新左衛門にちなんだ「曽呂利噺」の復活のために『曽呂利寄席』を開場。

受賞歴[編集]

主な出演番組[編集]

著書[編集]

  • 『手話小噺集』(1984年
  • 『上方落語はどこへゆく』(海風社1989年
  • 『寿限無―誰でもできる楽しい手話落語「ジュゲム」』(探究社2004年

レコード・CD・DVD[編集]

  • 『ペケペン節ねずみの告白』(1970年、桂小春時代)
  • 『上方艶笑落語集(7)』(CD、1996年) ※『疝気の虫』を収録。
  • 『手話で楽しむニッポンの民話 桂福團治ココロの芸』(DVD)
  • 『手は歌う ~Let's sing along with Hands~ 「手話シュワ和、なにわ味めぐり、大空の星のように」』(CD)
  • 『手話落語30周年記念DVD 手は口ほどに物を言い』(DVD、2009年)
  • 『繁昌亭らいぶシリーズ 11 桂福團治』(CD・DVD、2009年

弟子[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]