桂小春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂小春(かつら こはる)は、上方落語名跡。現在は空き名跡となっている。

代外の桂小春[編集]

  • 桂小春1911年1月22日 - ?) - 後に漫才に転じ流行亭歌麿と名乗った。活動時期は初代小春の時代の前後であると推測される。小春は同じく初代春團治の門にいたときに名乗った。漫才に転じたため代外。本名:浦川正男。
  • 桂小春 - 3代目春團治の長男。入門まもなく廃業のため代外。
  • 桂小春 - 1976年に入門した人物で小春を名乗ったがすぐに廃業のためにこれも代外。

出典[編集]

  • 『古今東西落語家事典』(諸芸懇話会・大阪芸能懇話会共編、1989年、平凡社ISBN 458212612X