三友派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三友派(さんゆうは)とは、上方落語諸派。歴史上以下の2つが存在する。

  1. 明治から大正まで存在した「浪花三友派」。
  2. 1948年(昭和23年)から翌年にかけて存在した「新生浪花三友派」。

浪花三友派[編集]

1874年(明治7年)の初代桂文枝没後、桂文三との跡目相続争いに敗れた2代目桂文都は桂一門を去り、久しく絶えていた亭号「月亭」を名乗って活動していたが、1893年(明治26年)10月、兄弟弟子の2代目(「二世」と自称)曽呂利新左衛門、同門の2代目桂文團治(後の7代目桂文治)が3代目笑福亭松鶴、初代笑福亭福松らと語らい、大阪市ミナミ法善寺北側の「紅梅亭」を本拠とする「浪花三友派」を結成した。会長には2代目新左衛門が就任した。

中心人物の一人だった初代福松が陽気な芸風だった事もあり、三友派の多くの落語家は派手な滑稽話を得意としていた。また色物(軽口物まね剣舞曲芸義太夫、女講談等)も積極的に取り入れていた。さらに、当時東京落語の一大勢力を形成していた「東京寄席演芸株式会社」(通称「演芸会社」。3代目柳家小さん、初代三遊亭圓右らが中心メンバー)と提携して東京の寄席にも進出した。

拠点定席としては紅梅亭の他、平野区の「此花館」、北新地の「永楽館」、堀江の「賑江亭」などがあった。とりわけ賑江亭は、席亭の藤原重助が三友派の世話役的な存在を務めた事もあり、紅梅亭に継ぐ重要拠点であった。

1906年(明治39年)の藤原の死を機に桂派と和解。「桂・三友両派大合同興行」を行った。しかし1910年(明治43年)、上本町富貴席」席亭の岡田政太郎が「浪花落語反対派」を旗揚げし、同年に2代目新左衛門が引退したことから次第に衰勢に向かう。三友派は桂派を吸収しながらも反対派に対抗していたが、拠点定席が吉本泰三・せい夫妻率いる花月派(吉本興行部)の買収攻勢にあい、1921年(大正10年)の岡田の死後、吉本が反対派を引き継いだ事で大勢は決し、翌1922年(大正11年)、花月派に吸収された。

新生浪花三友派[編集]

1948年(昭和23年)3月、「戎橋松竹」に次ぐ太平洋戦争後2番目の演芸場「富貴」が京都市新京極に開場し、上方寄席に復興の兆しが見えてきた。戦時中、吉本興業との契約問題がこじれ、京阪神の寄席から締め出された経緯を持つ2代目桂春團治はこれを機に興行師・席亭による中間搾取を排すべく芸人の大同団結を訴え、漫談家の花月亭九里丸と共に「新生浪花三友派」を旗揚げし、富貴を本拠とした。4代目桂米團治4代目桂文團治橘ノ圓都、2代目文の家かしく(上方。のち3代目笑福亭福松)、4代目桂文枝らがこれに賛同したが、落語家の数の減少に危機感を抱いていた5代目笑福亭松鶴の参加を得られず、5代目松鶴らの「戎橋松竹派」と袂を分かつ形になった(5代目桂文枝は自著で、九里丸と5代目松鶴との間に確執があった可能性を示唆している)。

しかし衰退期にあった上方落語にあって落語家の分裂を危惧する有志の仲介が入り、翌1949年(昭和24年)4月に関西演芸協会が発足。新生浪花三友派は解消した。

新生浪花三友派の拠点は、富貴の他、神戸市兵庫駅前の「寄席のパレス」、名古屋市納屋橋の「富士劇場」であった。

出典[編集]

浪花三友派に関して[編集]

新生浪花三友派に関して[編集]