桂派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桂派(かつらは)とは、明治から昭和初期まで存在した上方落語諸派

歴史[編集]

桂一門の総領名跡である「桂文治」の3代目を継承した2代目文治の義兄(2代目三笑亭可楽門下。のちの初代桂文楽)の江戸下向後、上方では2代目文治の孫弟子を3代目とした。この結果3代目、4代目と東西に文治名跡が並立したが、4代目文治の弟子である初代桂文枝は文治を継がず、以来上方においては「桂文枝」が桂一門を代表する名跡となっていた。

1874年(明治7年)4月3日の初代文枝死後、2代目文枝の襲名を巡り、「四天王」と呼ばれた初代の門弟、特に当時の人気落語家だった桂文三2代目桂文都の間で争いが起きた。この紛糾は文三の勝利で終わり、文三は2代目文枝として一門を統率することになる。これが「桂派」である。

桂派の多くの落語家は素噺(手拭い・扇子以外の道具を使わない落語)が主で、東京から移住した5代目翁家さん馬や2代目三遊亭圓馬の影響もあり、人情噺も得意としていた。 定席としては、大阪市ミナミ法善寺周辺の「南地金沢亭」を本拠とし、他にも大阪市内では船場淡路町の「幾代亭」、西区新町の「瓢亭」、市外では岸和田市大工町の「林家亭」などを拠点にした。

明治30年代の「藤明派」「互楽派」分派を経て、1906年(明治39年)、対立する「浪花三友派」を仕切っていた堀江「賑江亭」席亭の藤原重助が死去したことにより桂派は三友派と和解。「桂・三友両派大合同興行」を行った。しかし1910年(明治43年)、上本町富貴席」席亭の岡田政太郎が二流の落語家や色物(軽口物まね剣舞曲芸義太夫、女講談等)を中心として「浪花落語反対派」を興した事や、同しく1910年に一派の総帥だった3代目文枝が他界した事で衰退。一部は4代目笑福亭松鶴らと「寿々女会」を結成するが長くは続かず、1915年(大正4年)までに三友派に吸収・消滅していった。

結成当時は10名ほどだったが明治20年ごろには20名を超え解散直後で江戸の落語家や門下を超えて30名前後ほどいた。

京都にも落語会を開きその時は「京桂派」とした。

その他諸派[編集]

江戸[編集]

上方[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]