軽口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 上方落語の古い別称。
  • 主に2人組で披露される話芸の一種。本項で詳細。

軽口(かるくち)は、主に2人組で披露される話芸の一種。別称は「掛合噺」「掛合茶番」等

漫才喜劇の源流といわれる。

江戸時代末期に京都四条河原町大坂天満宮の神社の境内に舞台を設けひとりでに歌舞伎、芝居の物真似演じられた起源。その後舞台芸になり寄席での開幕(前座)として演じられた。2人が正座し簡単な小道具、衣装を身に付け謎かけ問答や知恵比べ問答、歌舞伎、芝居の物真似で人気を取っていた。後に芸として俄から独立。1892年8月に桂梅團治桂篤團治のコンビが「軽口」の看板を上げ、落語の演目を演じ分けるなど人気を博す。東京には豊年斎梅坊主がおり、音源が残されている。その後も桂次郎坊・太郎坊、秋の家稲子・稲八鶴家團七・團鶴等が人気を博した。また落語家が余芸で演じることもあった。その後、音曲万歳、しゃべくり漫才の登場で人気も落ちる。なお東京では三遊亭歌輔・歌之輔橘家圓五郎圓十郎等が活躍した。

戦後では完全に漫才が主流になり演じ手はいなかったが芦乃家雁玉林田十郎松葉家奴・松葉家喜久奴松鶴家光晴・浮世亭夢若一輪亭花蝶・松原勝美浮世亭歌楽・ミナミサザエ西都ハロー・ジロー等は軽口に近い芸風であった。

現在は軽口を継承している芸人はいないが、林家染丸一門露の五郎兵衛一門が余芸で寄席などで度々披露される。東京の内海桂子は弟子の笑組ナイツと舞台に上がる時、軽口の演目であった『名鳥名木』を演じる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]