桂藤兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桂 藤兵衛(かつら とうべえ)は落語名跡。元は上方落語の名跡。当代は3代目を名乗り、東京の落語家

月亭春松編の『落語系圖』には、京都落語界の大立者であった元川傳吉の桂藤兵衛を2代目としている。当代が3代目を名乗っている根拠は、これによると思われる。しかし、墓石や他の資料、当時の新聞等には、元川傳吉の桂藤兵衛を全て3代目としている。この項では、便宜上、元川傳吉の桂藤兵衛を上方3代目とし、当代を東京3代目とする。

  1. 初代 桂藤兵衛1819年 - 1874年4月2日)は、初代桂文枝のあだ名。実際に自ら名乗っていたかどうかは不明。本名: 桂 文枝享年56。
  2. 2代目 桂藤兵衛生没年不詳)は、初代桂梅枝が名乗っていたという記録がある。初代桂文枝門下。本名、享年とも未詳。また初代文枝の実弟の桂文福が初代桂藤兵衛を称したという。


上方3代目[編集]

3代目 桂 藤兵衛かつら とうべえ
本名 元川 傳吉
生年月日 1849年
没年月日 1902年5月31日
出身地 日本の旗 日本大坂安治川
死没地 京都
師匠 初代桂文枝
初代桂文之助(後の2世曽呂利新左衛門
6代目桂文治
林家延玉
桂文左衛門
弟子 4代目桂文吾
3代目笑福亭圓笑
桂藤誠
桂藤龍
名跡 文馬(1865年 - ?)
文車(? - ?)
桂文字助(? - ?)
3代目桂藤兵衛(1885年 - 1902年)
活動期間 1865年 - 1902年
活動内容 音曲
所属 桂派
京桂派
藤明派
主な作品
木遣崩し
鎌倉節
オッペケペー節
郭巨の釜堀(テケレッツのパー)

3代目 桂藤兵衛1849年 - 1902年5月31日)は、上方噺家。本名: 元川 傳吉享年54(53とも)。

大坂安治川通3丁目の米屋の子として生まれる。幼名は龜吉。1865年の17、8歳の頃、初代桂文枝の男衆に入り、文馬を名乗る、九郎右衛門町の大富席の前座に出る。数年後文車と改名、その後、初代桂文之助(後の2世曽呂利新左衛門)門下となり、文字助を名乗る。暫く東京へ赴き6代目桂文治の世話になったり、名古屋の林家延玉門下で修行していた時期もある。帰阪後、1882年頃から京都を根城し1885年3月、桂文左衛門門下で3代目桂藤兵衛襲名。以降、桂派京都の総取締を勤め京都・新京極の幾代亭に14年間もの長きに渡り出席、「桂藤兵衛藤原忠勝入道顋無齋(しむさい)」と自称し周囲からは「顎無(あごなし)地蔵」とあだ名され、京都の名物男となる。1897年頃に何か不都合あって文左衛門から破門され桂派から追放される。1898年夏、同じ新京極の笑福亭に移籍。

1900年正月、大阪に出、盲人音曲師の西國坊明學と組んで「藤兵衛」の「藤」と「明學」の「明」に因んで「藤明派」を立ち上げ、桂派三友派と張り合うが、翌年秋ごろ、心臓の病で体調を崩して京都へ戻り、間もなく肝臓の病を併発し六角富小路下ルの自宅で病没。

「顋無齋」の名乗りの通り、顎が短く、眉太、色黒で、木魚に目鼻を付けたような顔で、丸々とよく肥えた愛嬌たっぷりの人気者であった。木遣崩し鎌倉節オッペケペー節郭巨の釜堀(テケレッツのパー)などをはやらせ、『三十石』の舟唄を得意としたという。

門下には4代目桂文吾3代目笑福亭圓笑桂藤誠桂藤龍らがいる。

江戸3代目[編集]

3代目 桂 藤兵衛かつら とうべえ
本名 上 弘明
生年月日 (1952-01-13) 1952年1月13日(65歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
師匠 林家彦六
2代目橘家文蔵
名跡 1. 林家上蔵(1969年 - 1984年)
2. 3代目桂藤兵衛(1984年 - )
出囃子 青すだれ
活動期間 1969年 -
所属 落語協会
受賞歴
国立演芸場 花形若手演芸会新人賞 金賞(1981年、1986年)

3代目 桂藤兵衛1952年1月13日 - )は、東京都出身の落語家。本名は上 弘明落語協会所属。出囃子は青すだれ。趣味は料理競馬落語である。

略歴[編集]

出典[編集]