桂梅枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂 梅枝(かつら ばいし)は、上方落語名跡。現在は空き名跡となっている。

初代梅枝の師匠・初代桂文枝が前名として名乗っていた桂梅香の「梅」と、文枝の「枝」を合わせたのが由来。

初代[編集]

初代 かつら 梅枝ばいし
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代桂文枝
活動内容 上方落語

初代 桂梅枝生没年不詳)は、本名、享年とも不詳。

初代桂文枝の門下。その他の詳細不明。桂藤兵衛を称したとも。

2代目[編集]

2代目 桂梅枝1853年 - 1902年10月10日)は、本名: 山本久吉。享年50。

2代目桂文枝(後の桂文左衛門)の門下。俗に「オッペケペーの梅枝」という。

3代目[編集]

3代目 かつら 梅枝ばいし
本名 鹿野 惣吉
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 笑福亭松光
笑福亭吉右衛門
西國坊明學
2代目桂梅枝
桂仁左衛門
名跡 1. 笑福亭光笑
2. 笑福亭吾市
3. 西國坊開明
4. 初代桂枝光
5. 桂左衛門
6. 桂門十郎
7. 3代目桂梅枝
活動内容 上方落語
所属 互楽派
大八会

3代目 桂梅枝1872年1873年ごろ - 大正10年代末)は、本名:鹿野惣吉、享年不詳。

改名回数は多いが、端席での出演が多かったため記録が残っておらず、その順序は掴み難い。

初め笑福亭松光の門下で光笑を名乗る。次に5代目笑福亭吾竹(後の笑福亭吉右衛門)の門下で吾市。次に西國坊明學の門下で開明。明治30年代初め2代目梅枝の門下で初代桂枝光1908年ころに桂仁左衛門の門下で左衛門、明治40年代中頃に門十郎となり、大正中期ころに2代目死後に3代目梅枝を襲名。

一時、一流の桂派寄席にも出演したが、主に互楽派大八会の二流の寄席で活躍し、典型的な端席芸人だった。落語では大成しなかった。主に『稽古屋』『あづま奴』などが十八番だったというが、むしろ余興の四つ竹で名を売った。読み書きや算盤が得意だったため、大八会では幹部に出世した。

妻・ふさは囃子方として下座を勤めていたが、娘と共に強盗に惨殺される。その後も暫くは高座に上がっていたが、大正末期以降の足取りは定かでない。

出典[編集]

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(諸芸懇話会・大阪芸能懇話会共編、平凡社ISBN 458212612X
  • 『ご存じ古今東西噺家紳士録』(CD-ROM、APP、2005年)