旭堂南陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

旭堂 南陵(きょくどう なんりょう)は、上方講談講釈師)の大名跡。旭堂一門の留め名。本来は「あさひどう」と読ませていたが江戸と区別させる為「きょくどう」となった。

特に2代目が著名で上方講談の復興に尽力し活躍、業績から「大南陵」と呼ばれ次代の3代目は「小南陵」と呼ばれる。

初代[編集]

本名:浅井金次郎、1858年 - 1911年。駿河(静岡県)生まれ、

元は東京を拠点にしていたが旅回りの末大阪に移住した。生玉神社の御旅所の席主も兼ねた。「義士伝」を得意とした。世話好きで門弟に養った。晩年「旭堂一道」と改名。

2代目[編集]

二代目南陵(1955年)

本名:浅井 靏造(つるぞう)、1877年(明治10年)9月15日 - 1965年(昭和40年)11月19日大阪市生れ、88歳没。初代の弟子で養子。

  • 1877年9月 大阪天満の染物屋に生れる。
  • 1895年 東京から来た4代目正流斎南窓(松本鉄之助)に師事。初名は正流斎鶴窓。
  • 1896年 初代旭堂南陵に入門し、旭堂南花となる。
  • 1897年 東京へ行き3代目神田伯龍の門下で修行。神田龍生、神田小伯龍と改名。
  • 1900年 大阪へ戻り、初代旭堂小南陵へ改名。
  • 1909年 2代目旭堂南陵を襲名。
  • 1949年 関西演芸協会の初代会長に
  • 1951年 大阪市民文化賞受賞。
  • 1955年 NHK放送文化賞受賞。
  • 1965年11月19日 没。
  • 1996年 第1回上方演芸の殿堂入り。
  • 戦前は上方唯一の講釈師として多くの演目を残し孤軍奮闘。戦後は親子で上方講談の復興に尽力した。上方落語協会発足時、講釈師の会員は2代目南陵と2代目小南陵のみであった。
  • 「難波戦記」「太閤記」「祐天吉松」などを得意とした。

3代目[編集]

「戎松日曜会」。後列右が六代目松鶴(当時は光鶴あるいは枝鶴)。左に三代目米之助五代目文枝(当時あやめ)旭堂南陵(当時二代目小南陵)。子供は和多田勝(当時小つる)
1955年正月、「宝塚若手落語会」
後列左から3人目が南陵[1]

本名:浅井 美喜男、1917年(大正6年)1月25日 - 2005年(平成17年)8月17日[2])は大阪市生まれ、2代目の次男、88歳没。

4代目[編集]

本名は西野 康雄、1949年(昭和24年)9月4日 - は堺市堺区生まれ、元参議院議員(1期)。農学修士号を持つ[3]

脚注[編集]

  1. ^ 前列左より桂春坊(二代目露の五郎兵衛)笑福亭松之助、橘家円二郎、四代目桂文枝三代目桂米朝笑福亭小つる(和多田勝)三代目桂米之助。後列左より見浪よし(五代目笑福亭松鶴夫人)、桂あやめ(五代目桂文枝)、旭堂小南陵(三代目旭堂南陵)、六代目桂小文吾、桂麦團治、奥野しげる(宝塚若手落語会世話人)。(桂米朝『桂米朝 私の履歴書』日経ビジネス人文庫、2007年、p.93)
  2. ^ 四国新聞社(9/22/2011閲覧)http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20050817000297
  3. ^ 大野正夫編著『有用海藻誌』内田老鶴圃、2004年、ISBN 4-7536-4048-5、「執筆者紹介及び担当章」p.iii
  4. ^ ただ、左南陵が拠点を1996年に大阪から名古屋に移した為、四代目が総領弟子となった。
  5. ^ “伝統の小山団扇、藤井寺に「里帰り」/講談師・旭堂南陵さんが寄贈”. 産経新聞. (2017年3月25日). http://www.sankei.com/region/news/170325/rgn1703250069-n1.html 

外部リンク[編集]