翠みち代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

翠 みち代(みどり みちよ、1935年3月27日 - 2018年2月11日[1])は、日本声帯模写形態模写芸人。本名、黒川 由紀江

吉本興業所属。関西演芸協会会員。

実の兄が浪曲広沢竜造(江口鉱三郎)、姪に女優泉ピン子、夫は落語家松竹芸能所属の4代目桂福團治、実の子に桂福若がいる。

来歴・人物[編集]

東京都品川の生まれ、子供のころから浪曲などの演芸に親しむ。素人参加のラジオのコンクールなどで注目を浴び、1965年4月に松竹系の神戸松竹座椿みちよの名で初舞台。その後、1969年より吉本興業に所属し、翠みち代の名で吉本の劇場に出た。デビュー当時女性の声帯・形態模写の芸人が少ないこともあって重宝された。1975年島田洋之介・今喜多代に弟子入りし、漫談家の道を進んだ。足を悪くしたため舞台の数が減り、2014年頃から介護施設に入っていたが、2018年1月、末期がんとの診断を受け、翌2月11日、肺がんのため死去[1]。82歳没。

レパートリー[編集]

漫談を中心とし演歌歌手歌謡曲の歌手を中心にレパートリーが多い。

出典[編集]

  1. ^ a b 形態模写芸人の翠みち代さん死去、桂福団治夫人”. 日刊スポーツ (2018年2月14日). 2018年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]