チコ・ローランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チコ・ローランドChico Roland1929年 - 2015年7月20日[1])は、日本で活躍したブラジル出身の俳優

1960年代から1970年代にかけ、日本の映画やテレビドラマで黒人役として活躍した[2]

1980年代中盤の時点では外国人専門芸能プロダクションの国際部長を務めていた。

2015年7月20日、アリゾナ州ツーソンにて86歳で死去。

資料によっては「チコ・ローラン」と表記されているものもある[3][4]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 映画会社日活twitter、2016年1月13日閲覧
  2. ^ a b 石橋春海 「「快傑ハリマオ」外国人役者考」『伝説の昭和特撮ヒーロー 宣弘社全仕事』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2014年7月9日、32頁。ISBN 978-4-7747-5934-0
  3. ^ 青い街の狼 - 日活
  4. ^ 黒い太陽 - 日活
  5. ^ 太陽にほえろ! DVD-BOX MACARONI-I - バップ

外部リンク[編集]