ビバリーヒルズ・コップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビバリーヒルズ・コップ
Beverly Hills Cop
監督 マーティン・ブレスト
脚本 ダニエル・ペトリ・Jr
製作 ドン・シンプソン
ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮 マイク・モーダー
出演者 エディ・マーフィ
音楽 ハロルド・フォルターメイヤー
主題歌 グレン・フライ
『Heat Is On』
撮影 ブルース・サーティース
編集 アーサー・コバーン
ビリー・ウェバー
配給 パラマウント映画
CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年12月5日
日本の旗 1985年4月27日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000
興行収入 $316,360,478[1]
配給収入 10億2000万円[2] 日本の旗
次作 ビバリーヒルズ・コップ2
テンプレートを表示

ビバリーヒルズ・コップ』(Beverly Hills Cop)は、1984年アメリカ合衆国アクション映画

概要[編集]

主演を務めたエディ・マーフィーにとって若手刑事アクセル・フォーリーはまさにハマリ役となり、本作の大ヒットにより一流俳優の仲間入りを果たし、その後シリーズ化された。また、ハロルド・フォルターメイヤーサウンドトラックグレン・フライが歌う挿入歌『ヒート・イズ・オン』もヒットした。

その後、1987年に『ビバリーヒルズ・コップ2』、1994年には『ビバリーヒルズ・コップ3』が製作された。

ストーリー[編集]

腕はいいが問題ばかり起こし、上司のトッド警部からも見放されたような状態のデトロイト市警察本部の若手刑事・アクセル(エディ・マーフィー)は、ビバリーヒルズからやってきた幼馴染のマイキーと再会するが、その夜にマイキーが殺害される。マイキーの仇討ちを決意したアクセルは、犯人を追って単独でビバリーヒルズに乗り込み、規則に忠実で洗練された地元(ビバリーヒルズ警察)の刑事達と衝突しつつも巨悪に迫る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ朝日 Netflix 機内上映版
アクセル・フォーリー エディ・マーフィ 富山敬 山寺宏一 屋良有作
“ビリー”ウィリアム・ローズウッド刑事 ジャッジ・ラインホルド 野島昭生 金城大和
ジョン・タガート巡査部長 ジョン・アシュトン 大塚周夫 相沢まさき
“ジェニー”ジーネッテ・サマーズ リサ・アイルバッハー 藤田淑子 斎藤恵理
アンドリュー・ボゴミル警部補 ロニー・コックス 中村正 中博史
ヴィクター・メイトランド スティーヴン・バーコフ 田口計 後藤哲夫
“マイキー”マイケル・タンディーノ ジェームズ・ルッソ 石丸博也
ザック ジョナサン・バンクス 安田隆
ハバード署長 スティーブン・エリオット 宮川洋一
ダグラス・トッド警部 ギルバート・R・ヒル 阪脩
フォスター刑事 アート・キンブロ
マケイブ刑事 ジョエル・ベイリー
サージ(セルジュ) ブロンソン・ピンチョット
ジェフリー ポール・ライザー 小室正幸 赤坂柾之
ケイシー マイケル・チャンピオン
役不明又はその他 林一夫
千田光男
玄田哲章
石塚運昇
城山知馨夫
羽村京子
秋元羊介
折笠愛
嶋俊介
山寺宏一
こばたけまさふみ
大西弘祐
松川央樹
さかき孝輔
宮本誉之
永井将貴
三瓶雄樹
寺依沙織
石井綾
中務貴幸
小林達也
窪田吾朗
丸山智行
山本満太
竹内栄治
伊原正明
岡井カツノリ
蜂須賀智隆
佐々木拓真
広瀬淳
北島善紀
木島隆一
野川雅史
堀越知恵
高坂宙
翻訳 金田文夫(字幕) 岩本令 高部義之
演出 伊達康将 高橋正浩
調整 小野敦志
効果 リレーション
制作 東北新社 ニュージャパンフィルム
初回放送 1988年5月8日
日曜洋画劇場

スタッフ[編集]

受賞/ノミネート[編集]

余談[編集]

  • アクセルの“麻薬発見時に、小指をつけて味見する”という描写について、後年のエディ作品『ショウタイム』にてロバート・デ・ニーロから「青酸カリだったら? 舐めるのは危険だ」と評される。
  • 企画当初、シルベスター・スタローンが主演する予定であったが、スタローンの要請で、脚本のノンコメディ化、名前をコブラに変更などされたが、予算の都合でエディ・マーフィーと交代することになった。その脚本をさらに書き換えたものがスタローン主演の『コブラ』である[3]。余談だが、次回作『ビバリーヒルズ・コップ2』にて、ローズウッド刑事の自宅に映画『コブラ』のポスターが貼られている。また『ビバリーヒルズ・コップ2』には、スタローンの当時の妻ブリジット・ニールセンが出演している。
  • 企画当初、リチャード・ドナーが監督する予定であった。マーティン・ブレストは当初、監督になることを嫌がっており、製作陣の熱烈なアプローチに対し、「コインで表が出たら引き受ける」と提案、結果コインは表が出てしまい、ブレストは監督を引き受けた。
  • マスコミ試写では笑いが全く起きず反応が今一つであったため、それを見たエディ・マーフィは落胆したが、後の一般試写では大反響で、映画も大ヒットとなった[4]
  • メイトランドの屋敷におけるアクセルとフォスター刑事、マケイン刑事との駆け引きのシーンにて、民間車の中に後に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で有名になるDMC-12が混じっている。
  • ダグラス・トッド警部を演じたギルバート・R・ヒルは俳優ではなく、本物のデトロイト市の警察官。階級は警部補。ロケハン時に監督の目にとまり、本作で映画に初出演を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ Beverly Hills Cop (1984)”. Box Office Mojo. 2011年8月21日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)440頁
  3. ^ DVDの特典映像として収録されている脚本家ダニエル・ペトリJr.のインタビューより
  4. ^ DVDの特典映像として収録されているジェリー・ブラッカイマーのインタビューより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]