コリー・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コリー・ハート
Corey Hart
出身地 カナダの旗 カナダ
活動期間 1981-現在

コリー・ハートCorey Hart) :本名コリー・ミッチェル・ハート (Corey Mitchell Hart : 1962年5月31日 - )は、カナダ歌手ミュージシャン。同時期にブレイクしたブライアン・アダムスとともにカナダ出身の若手歌手として、純朴なイメージで人気を博し、その甘いルックスから、80年代のセックスシンボルとなった。

略歴[編集]

ケベック州モントリオール出身。バハマ、モントリオール、メキシコシティ、スペイン、米国フロリダで育つ。10歳の頃両親が離婚し、それ以降母親に育てられる。

1980年に日本武道館で開催された世界歌謡祭ヤマハ音楽振興会主催)に出場している。

1983年に「サングラス・アット・ナイト」でデビュー。同年リリースされたアルバム『マイ・ファースト・オフェンス』が成功を収め、グラミー賞にもノミネートされた。他に「ネバー・サレンダー」、「好きにならずにいられない」(エルヴィス・プレスリーのカバー)などのヒットがある。

1988年12月、日本でもコンサートを行なった。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』出演の依頼を受けるが断り、その役はマイケル・J・フォックスが演じる事となった。

現在は2000年に再婚したフランス系カナダ人の歌手、ジュリー・マスと娘3人、息子1人とともにバハマに在住。ソングライターとして妻やセリーヌ・ディオンなどの主にカナダのアーティストに曲を書いている。

アルバム[編集]

シングル[編集]

外部リンク[編集]