48時間 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
48時間
48 Hrs.
監督 ウォルター・ヒル
脚本 ロジャー・スポティスウッド
ウォルター・ヒル
ラリー・グロス
スティーヴン・E・デ・スーザ
製作 ローレンス・ゴードン
ジョエル・シルバー
製作総指揮 D・コンスタンティン・コンテ
出演者 ニック・ノルティ
エディ・マーフィ
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 リック・ウェイト
編集 フリーマン・デイヴィス
マーク・ワーナー
ビリー・ウェバー
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年12月8日
日本の旗 1983年10月29日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $78,868,508[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
次作 48時間PART2/帰って来たふたり
テンプレートを表示

48時間』(48 Hrs.)は、1982年アメリカ映画

解説[編集]

サンフランシスコを舞台に白人のコワモテ刑事と黒人のチンピラが悪党を追うために48時間だけのコンビを組む。互いに意地を張り合いながら、やがてハミ出し者同士の共感から結ばれていくバディムービー。エディ・マーフィの映画デビュー作。ウォルター・ヒル監督は当初、黒人コメディアンであるリチャード・プライヤーを想定して脚本を書いたが、偶然『サタデー・ナイト・ライブ』に出演中のエディを観てその才能に惚れ込み、レジー・ハモンド役をオファーした。

ストーリー[編集]

カリフォルニア州の砂漠地帯にある刑務所から受刑者が脱獄する。受刑者の名はアルバート・ギャンズ、強盗殺人の前科がある危険な男だ。ギャンズは共犯者ビリー・ベアと共にサンフランシスコに逃亡する。

次の日、サンフランシスコ市警察本部のジャック・ケイツ部長刑事は、同僚の刑事2人と共に非行少年が潜伏しているホテルに踏み込む。ところが、そこにいたのは非行少年ではなく、ギャンズたちであった。激しい銃撃戦となり、刑事2人は射殺されてしまう。

ケイツは、ギャンズのかつての仲間であり現在は服役中のレジー・ハモンドというチンピラから手掛かりを引き出そうとする。「ギャンズを捕まえるために自分を刑務所から出して協力させろ」と要求するハモンドに対して、48時間の期限付き仮出所を取り付けたケイツ。ハモンドは仮出所できた解放感からか、女を口説くなど軽薄な行動をするが、その度にケイツを苛立たせる。

一方で、ハモンドには非常にやり手な一面もあった。ギャンズの元カノが働いていた白人向けのウェスタンバーでは、人種差別主義者のバーテンや常連客を巧みな話術で脅しすかして、ビリーの元彼女の住所を聞き出す芸当を簡単にやってのけた。その様子を見ていたケイツはハモンドに一目置くようになるが、ハモンドにもケイツに隠している企みがあった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ版1 日本テレビ版2 テレビ朝日
ジャック・ケイツ ニック・ノルティ 石田太郎 大塚明夫 玄田哲章
レジー・ハモンド エディ・マーフィ 下條アトム 山寺宏一
エレイン アネット・オトゥール 藤田淑子 幸田直子 高島雅羅
アルバート・ギャンズ ジェームズ・レマー 樋浦勉 千田光男 大塚芳忠
ルーサー デイヴィッド・パトリック・ケリー 池田秀一 小室正幸 家中宏
ヘイデン フランク・マクレー 内海賢二 筈見純 池田勝
ビリー・ベア ソニー・ランダム 玄田哲章 石塚運昇 銀河万丈
キーホー ブライオン・ジェームズ 阪脩
その他又は役不明 土井美加
筈見純
佐藤正治
山田栄子
横尾まり
小宮和枝
滝沢久美子
幸田直子
高島雅羅
島田敏
安田隆
加藤正之
郷里大輔
大滝進矢
小室正幸
嶋俊介
土井美加
さとうあい
安達忍
安永沙都子
吉水慶
西村知道
鵜飼るみ子
一柳みる
滝沢ロコ
田原アルノ
秋元羊介
加藤正之
大山高男
稲葉実
古田信幸
田中敦子
水谷優子
有本欽隆
塩田朋子
深見梨加
福田信昭
松井菜桜子
小島敏彦
一城みゆ希
秋元羊介
幹本雄之
岩田安生
中田和宏
堀越真己
小室正幸
長島雄一
久保田民絵
水野龍司
翻訳 宇津木道子 平田勝茂
演出 加藤敏 伊達康将 蕨南勝之
調整 小野敦志 荒井孝
制作 東北新社
初回放送日 1985年4月24日
水曜ロードショー
1990年10月26日
金曜ロードショー
1994年9月18日
日曜洋画劇場

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 48 Hrs. (1982)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]